お客様の声

フィットネス編

フィットネス編

IMMUNITY プレッシャーによる緊張感が
気になる時のサポート

IMMUNITYは合宿の必需品。今年の合宿がうまくいった理由、昨年の合宿との違い、それはイミュニティを飲み続けたこと。

自転車ロードレース元日本代表選手  西 可南子

今年も昨年同様、春先はオーストラリアでの合宿からシーズンがスタートすることとなった。
昨年と同じようなトレーニングメニューを同じ期間で実施したのだが、今年は忘れずに持参しようと思っていたサプリメントがIMMUNITY(イミュニティ)である
昨年の合宿ではハードなトレーニングに加え暑さ、さらにナショナルメンバーでの参加に対するプレッシャーにより体に変調をきたしてしまった
最初 に、じんましんが出てきた(これは紫外線の影響にもよると思われるが)。その後下痢を起こしてしまい、脱水症状になり、食事もまともに取ることができなくなってしまった。病院に行くと大腸炎と診断された。スポーツ選手が食べ物を食べられなくなったら終わりだ。エネルギーの補給、回復もできなくなってしまう。
私はその後、NI(ニー)とKUAN(クアン)を飲み、何とか持ち直し、ワールドカップには参加することができたのだが、もしここまでひどい状況になる前にイミュニティを飲んでいれば体調維持をすることができてもう少し良い成績を残すことができたのではないかととても悔やまれた
荷物の多さから、飛行機での重量オーバーを気にしてNIとKUANとリプレニッシュしか持っていかなかったのだ…。今年はMUSASHIを宿泊先に国際便で郵送し、万全の態勢でオーストラリアに向かった。もちろんイミュニティを入れて。昨年と同じ条件で合宿を行ったにも関わらずお腹の調子もよくじんましんも一時的には出たが昨年のように痒くて夜も眠れず病院に行って薬をもらうようなことはなかった
郵送費をかけてでもイミュニティを持っていったおかげで体調を崩すことなく合宿を終えることができたと思う。
日本に帰国後も、昨年のようにどっと疲れが出て完全休養しなくてもよいコンディションなので、続けて激しいトレーニングを継続することができている。これも昨年とは大きく違っている。
私の年齢になると、疲れすぎや体調を崩してトレーニングを休むことで、パフォーマンスを大きく下げてしまう。いかに自分の体調を維持し、トレーニングメニューを予定通りとこなし続けることができるかが重要になってくる。
今年の合宿がうまくいった理由昨年の合宿との違い、それはイミュニティを飲み続けたことと、自分が少し図太くなったことだろうか…。
 
 
 

営業不振のストレスによるアトピーの痒みから夜寝られない苦しい毎日が続きましたが、IMMUNITYを飲み続けたら、一週間で痒みが全くなくなり、夜眠れるようになり、充実した毎日です 

2006.05.16 会社員 Oさん (29歳・男性)

営業不振のストレスから自律神経失調症に。会社を休職し、3ヵ月後復職するも、少しの仕事のストレス・夜のお付き合いだけで皮膚が荒れてあちこちが痒くなり、夜も寝られない苦しい毎日が続きました。皮膚科に通っても大人になってからのアトピーという診断だけで、ステロイド剤の塗り薬が処方されるだけでした(残念ながら全く効きませんでした)。会社を退職しなければならないのでは‥‥。毎日苦悶する日々の中で、妻の勧めもありジムに通い、そこでのトレーナーの勧めでMUSASHIのアミノ酸を知り、最初 はKUAN(クアン)を、その後MUSASHIのホームページから過剰なストレスに対応するイミュニティの存在を知り、早速購入ワラにもすがる思いで毎日飲み続けた結果、週間で驚くべき効果が!ステロイド剤を塗ってもおさまらなかった痒みが全くなくなり、夜も眠れるようになりました(その間ステロイド剤は塗っていません)。仕事にも集中できるようになり、今では体調も良くなり、チームリーダーの任命を受け、充実した毎日です

アトピー性皮膚炎をもっているが、ステロイドを止めて薬を使わない状態で回復していることにお医者さんがおどろいていました                      

2016.07.13 会社員 Yさん?(27歳・男性)

2年前からIMMUNITYを飲んでおります。僕は、アトピー性皮膚炎をもっていて仕事の疲れやストレスの関係で一気にひどくなりました
薬を使っても効果がない時期にMUSASHIのIMMUNITYの事を知りました。試しに
朝晩と一本ずつ飲んでみたところいつもは昼から夕方までにはひっかき傷がひりひりするのですが飲んだ翌日はいつものひりひりがなく落ち着いていました
それから23日、同じように朝晩飲んで同じような回復し今までと違うと思いさらに購入しました。
ステロイドを止めて薬を使わない状態で回復していることにお医者さんがおどろいていました
IMMUNITYを飲んでからは、食事の吸収と体内での利用が今までうまくいってなかったことを感じました。
 今ではIMMUNITYを朝晩飲む以外に 、常時いつでも飲めるように携帯し昼ひりひりが出そうな時に一本飲んだりもしています。2、3時間するとひりひりは落ち着いています
最近ではKUAN、NI、HUANも飲んでいます。飲んでいる人の声が、ホームページであったのでそれを見て貧血で悩んでいる知人にENDURANCE、関節で悩んでいる祖母にJOINTを買いました。

不眠症と皮膚の痒みが消えて、充実した日々を送るようになりました

2009.10.15 会社員 Oさん (33歳・男性)

営業職関連の職務に転勤し、以前発生した体調不良(私の場合は不眠症になるほどの皮膚のかゆみ)に悩まされるのではないかと恐れておりましたが、IMMUNITY(イミュニティ)を継続して飲み続けた結果そのような症状もなく、日々充実した日々を送っております。 それでも数字のプレッシャーはあり、現在はMINERALS&VITAMINS(ミネラル&ビタミン)もあわせて摂るようにしておりま す。御社のHPにあるように食後に摂るようにしておりますが、私の場合は胃部に重さを感じております。しかし、しばらく経つと不思議と(?)体がシャッキ としてきます。まさに「良薬口に苦し」です。

パニック発作の克服にMUSASHIが役立ちました

2006.04.04 福祉施設職員  Sさん (29歳・男性)

一昨年パニック発作を発病しました。職場からは休職をすすめられ、「期間は3ヶ月」と限定の休職、もし3ヶ月で治らなかったら退職も辞さない状況でした。休職してから体質改善を目的としてトレーニングジムに通い、そこで出会ったのがMUSASHIのKUAN(クアン)でした。そして3ヶ月必死でトレーニングしKUAN(クアン)、NI(ニー)を使い見事に仕事復帰することができました。一時は医師にも「今の仕事には戻れない」と言われましたがMUSASHIが私を救ってくれたのです。今では夜勤もこなし、パニック発作も出なくなりました。KUAN、NI、CHEN(チェン)、IMMUNITY(イミュニティ)を使ってジム通いし、健康管理していますそして同じ苦しみを持った人に相談にのりMUSASHIを勧めています私にとってMUSASHIはパートナーそのものです