お客様の声

フィットネス編

フィットネス編

REPLENISH ハードトレーニング・
長時間の酷使運動時の
持続する高水準のエネルギーと
パフォーマンスアップ

【目標より1年早く記録達成】

0000.00.00 パワーリフティング(元世界チャンピオン) 三土手大介

ベンチプレスの世界記録 353.5kg想定していた目標より1年早く達成することができましたこれはトレーニング中に飲むドリンクをリプレニッシュに切り替えてからとても密度の濃い練習ができるようになったことが大きな要因です。
これまではクエン酸ドリンクにBCAAとクレアチンを混ぜて飲んでいたのですが、どうしてもトレーニング後半にバテてしまう。メインセットが終わると疲れが出てきて、補助種目は残りのエネルギーでなんとかこなすという感じでしたが、リプレニッシュを飲み始めてからは、補助種目の時もエネルギーが充実して行なえるようになりました。疲労回復も早い実感がありますし、トレーニング後のダメージも少ない。これは、一般のスポーツドリンクとは全く次元の違うドリンクですね。周りの人たちにもすすめていますが、日頃ハードにトレーニングしている人は飲めばわかる皆、リプレニッシュに切り替えています
 
【試合中ドリンクとしても必須】
試合中ももちろんリプレニッシュは必需品です。水だけだとすぐに排泄されてしまうのですが、リプレニッシュは、いくら飲んでも不思議と尿意をもよおさないから、水分がしっかり吸収されている感覚があります。当然、カラダのコンディションも良く、筋肉も目いっぱい力を発揮できる最後まで集中して試合が出来ます
僕がウェイトトレーニングの指導をしている高校野球の強豪チームもリプレニッシュを飲むと真夏の試合でもピッチャーのスタミナが落ちず回を追うごとに元気になるので監督がびっくりしていますよ
 
【夜中のトラブルからも救われる】
海外遠征に行くと空気が乾燥しているせいか、カラダの水分バランスが崩れやすく、筋肉がつることが多いんです今回行ったオハイオ州は特に乾燥が激しく、水分は摂っていたんですが、到着2日目の夜寝ていたら突然右脚のふくらはぎが激しくつってしまった。ほどなくして左脚もつった
まともに動けない状態でしたが、こういうときリプレニッシュが有効なことを思い出してすぐに粉末を溶かして飲みました。1リットルほど作ってそれを少量ずつ飲み始めて1時間ほどたつと、スーッとラクになってきてその後は嘘のようにぐっすり眠れました翌日からは寝る前にリプレニッシュを1リットルほど飲むようにしたら脚がつることは一切なくなりました
この一件もあったので、今回はコンディショニング面でリプレニッシュにとても助けられました。

REPLENISHを飲むと、トレーニング中のエネルギー不足にならない上、疲労回復が早くて、トレーニング後のダメージも少ないのです

パワーリフティング(元世界チャンピオン) 三土手大介

おいしいから、ついついたくさん飲んでしまいます。次に、あれだけたくさん飲んでもそんなにトイレに行かないということ。これは浸透圧がベストなのでしょうね。すごく体に吸収されているなという感じです。
また疲労回復も早い気がしますし、トレーニング後のダメージも少ない気がします。
トレーニング中のエネルギー不足を感じなくなりました
以前はメインセットが終わると、疲れが出てきて、補助種目は残りのエネルギーで何とか行っているといった感じでしたがリプレニッシュを飲みはじめてからは補助種目のときもエネルギーが充実しています

過酷な状況で絶大な効果を発揮したリプレニッシュ!!

パワーリフティング(元世界チャンピオン) 三土手大介

2009年6月27-28日、横浜で全日本パワーリフティング選手権大会が行われました。今大会の施設にはロビーや更衣室にはエアコンがあったのですが、メインの体育館やウォーミングアップ場にはエアコン設備がなく、また、両日とも天気が良かったこともあり、灼熱の中での全日本大会となりました。何もしていなくても汗がにじみ出てくる暑さの中での大会は、想像以上に過酷な状況した。
 
この暑さの中で不運にも失格する選手や自分の力を十分に発揮できない選手が多数いる中で私を含め、ノーリミッツメンバー達は非常に優秀な成績を残すことができましたその秘密は、やはりリプレニッシュ
 
全日本に参加したノーリミッツメンバーは22名そのほとんどはリプレニッシュを愛用
22名中失格者ゼロ、表彰台に上がった選手は16名でした。他の選手が試合後半になって明らかに疲れが見え始めているのに対してリプレニッシュをしっかり飲んでいるノーリミッツメンバー達は後半になってもエネルギッシュに試技をすすめることができました。私もMVPを獲得することができました
 
今回ほど、リプレニッシュのすばらしさを体感した大会はありませんリプレニッシュは過酷な環境であればあるほど飲むか飲まないかでその差が歴然としてきます。今回のように大量の汗が出る状況では普通の水ではミネラル不足になってしまいますし、一般的なスポーツドリンクでは口の中がベタベタして逆に喉が渇きます。
 
ノーリミッツメンバー達も今大会でリプレニッシュのすばらしさを再認識したようです。今後も愛飲していきたいと思います。
 

リプレニッシュを飲むと、終始集中力を切らすことなく、翌日疲労感が見違えるほど軽減されます

2008.10.03 スポーツクラブインストラクター 競技エアロビクス Kさん (34歳・男性)

競技エアロビックをしていますが、年齢を度外視してハードな練習をしています。練習中はいろいろなドリンクを試しましたが、ただ喉を潤すという程度のものばかりでした。
最初リプレニッシュも他のドリンクと同じだと思って飲んでみました。まず飲んでみてほどよい酸味が渇ききった口の中に爽快感を与えました。大変飲みやすく、飲んだあとにすぐに体に吸収されるのが体感できました。それ以上に驚いたのが集中力をキープできることですリプレニッシュを飲んでいないときは心拍数が上がると集中力も途切れ途切れになることが多かったのですが、飲みだしてからは集中力を切らすことなく練習できるようになり、魔法の水だと思っています。また、練習後や次の日の疲労感が見違えるほど軽減し仕事に疲れを持ち込むこともなくなりました。次の練習もベストなコンディションでできるようになり、今となっては手放せないドリンクです。 

クランプ(こむら返り)でお悩みのご年配の方にREPLENISHをいつも勧めており、夜間クランプでも早期のクランプでもREPLENISHを就寝前や起床後に250mm程度を1日に1杯から2杯飲むのを勧めますと100%改善できます。

2017.05.29 K鍼灸整骨院院長 (50歳・男性)

クランプ(こむら返り)でお悩みのご年配の方にREPLENISHをいつも勧めています
特に乾燥時期や炎天下の時期に多いです。夜間クランプでも早期のクランプでもREPLENISHを就寝前や起床後に250mm程度を1日に1杯から2杯飲むのを勧めますと100%改善できます。水筒にいれて普段か持ち歩く患者様もいらっしゃいます。特にご年配の方は緑茶をたしなむ方が多く、水とREPLENISHの摂取を勧めております。

高校生の息子は、水泳の練習に水分を補給すると水腹になって苦しくてサークルが遅れ気味だったのですが、リプレニッシュを試したところ、お腹にたまらない!喉が渇かない!不思議とお腹もすかない!練習後でも身体が軽い!これからも部活以外で発熱時などに家族でもお世話になれそうです。

2016.10.10 水泳 パート Sさんの高校生の息子 (45歳・女性)

高校の水泳部に所属する息子のために購入。水泳は以外とのどが渇きます。高校のプールは温水プールという事もあり、強化練習時はうっかりしてると脱水症状を起こすこともあります水分を欲するけど、飲むと水腹になり気持ち悪くなるし苦しくてサークルが遅れ気味だったのですが、このリプレニッシュを試したところ、小まめに摂取していても多量に飲んだ時お腹にたまらないそして、喉が渇かない不思議とお腹もすかない練習後でも身体が軽い!と言うことで、味は好みではないようですが、すっかりファンになりました。これからも部活以外で発熱時などに家族でもお世話になれそうです

いつもすぐ疲れてしまうが、REPLENISHならバテない。翌日も疲れと筋肉痛もなく、すごいの一言

2009.09.18 派遣社員 Kさん (41歳・女性)

エアロビクスと筋トレを始めてもう7年くらいになりますが、最近は年齢も上がってきた事もあり、以前よりもバテが早く、また運動後の疲労がなかなか取れなく筋肉にも疲労が残るようになりました。次の日も体が重い日が続いておりました。他社製品のアミノ酸やクエン酸を色々使用してみましたが、短時間しか効果がなく、あまりこれと言った効果もありませんでした。それに甘過ぎる。そんな時、通っているスポーツクラブで御社のキャンペーンが行われ紹介されていました。REPLENISHのお試しパックもあったので、早速購入をし、 エアロビクス(中、上級)のクラスを2本、そしてその後筋トレをしたところ、いつもすぐ疲れてしまうのですがバテずにいられ、また、次の日も疲れは残っていませんでした。筋肉にも負担なこんなに効果が現れるとはこれはすごいの一言です もうNI(ニー)とREPLENISH(リプレニッシュ)は手放せませんお薦めどころか必需品だと思いましたMUSASHIさんと出会えて本当に良かったと思っております。

高校生の息子のバスケットボールの試合に初めて使ってみたら、いつもなら、一試合すると二試合めは、足に疲労感があるのに、足が楽に感じたそうです。次の日も同じでした。

0016.08.07 バスケットボール 主婦 Mさんの高校生の息子 (49歳・女性)


こちらを、(高校生の)息子のバスケットボールの試合に初めて使ってみました
子供には、新しいタイプのスポーツドリンクという風にしか伝えていませんでした。
バスケットボールは、一試合でかなりの運動量が有り、その日も暑い日でした。
一試合目から、水分補給のために飲んでいました。
試合が終わったあと、少し商品のことを話してみて、何かいつもと違うか聞いてみたところ、いつもなら一試合すると二試合めは足に疲労感があるのに足が楽に感じたそうです
次の日の試合も二試合ありましたが同じように感じたそうです
10袋いりだったので、数に余裕が、あったら、他の子どもたちの分も作ってあげたかったくらいです

試合ではREPLENISH(リプレニッシュ)を飲んでから、試合終盤にバテることもなくなり、連投してもパフォーマンスが下がることなく投げれるようになりました。もう手放せない相棒になりました。

2015.02.15 社会野球 会社員 S投手 (28歳・男性)

硬式の社会人野球で投手をしています以前は練習後にプロテインを摂取していましたが、なかなか疲労感や筋肉痛が緩和せず翌日の練習にも影響が出ていました
ある時、行きつけのスポーツ店の方にNI(ニー)とKUAN(クアン)を勧められ半信半疑で飲んでみると今までと比べ疲労感や筋肉痛も無く翌日の練習も普段通りできるようになりました。また、プロテインを飲んでいた時と比べて体つきも変わり、もっと早く出会っていればと後悔しています。
試合ではCHEN(チェン)とREPLENISH(リプレニッシュ)を飲んでいます試合終盤にバテることもなくなり連投してもパフォーマンスが下がることなく投げれるようになりました。試合後にはもちろんNI(ニー)とKUAN(クアン)を飲んでケアしています。
もうMUSASHIは手放すことの出来ない相棒になりました

リプレニッシュを口に入れた瞬間に回復する感じで、二日酔いの時にもすっきりする

2008.07.22 自営業 ラージボール卓球 Yさん (72歳・男性)

3年前からチャレンジしているラージボール卓球。高齢者に人気のスポーツだ。今年72歳になるが、月に1回、仲間と一緒に70〜75歳のグループの試合に出る。週3回の練習は1回が3〜5時間、試合当日は多いときには10試合以上やる。練習時・試合時とも水分補給はリプレニッシュを使っているが、試合で集中力が増したことを実感した。相手のサービスがどんな回転でどのコースに来るかを咄嗟に判断しなければならないが、頭が冷静で、来る球を落ち着いて処理できるので次の展開が楽になる。
リプレニッシュには不思議な力があるようだ単に体力の維持だけでなく、根気とか集中力の維持に効果がある
他のスポーツドリンクに比べて飲みやすく、口に含んだ瞬間に回復する感じたっぷりと3時間も練習すると最後のほうは足腰がガクガクになるのだが、リプレニッシュを摂っているとそれを感じさせないまた、二日酔のときもこれを飲めばすっきりするというの、呑み助にとっては大変ありがたい

REPLENISHを走る前に飲んでみたところ、体への吸収が速いことにびっくりしたと同時に、後半バテずにペースを上げることができました! 

2017.02.24 陸上競技 中長距離 学生Oさん (16歳・男性)

陸上競技の中長距離をしていて、効率の良い水分補給をすることを目的にREPLENISH(リプレニッシュ)を購入しました。
届いて早速、走る前に飲んでみました。味は、酸味のある感じでとても飲みやすかったです。少し飲み過ぎたかな?と思うぐらい飲んでしまいましたが、体への吸収が速いのか走りには全く影響はなかったです!しかも後半バテずにペースを上げることができました
リプレニッシュの良いと思うところは、
・酸味があり美味しい。
・体への吸収が速い。
・後半バテにくくなる。
という事だと実感しました。
これからREPLENISH(リプレニッシュ)を愛用したいと思っています。

REPLENISHは、はバスの移動の際、練習中、試合中に欠かせない物です。疲労がなくなりました。他の選手も飲んでいて同じ実感しています。
初めて飲んだ時は、酸っぱく感じたのですがだんだん美味しくなります。

2017.09.28 プロサッカーチーム (Jリーグ) キャプテン Y選手 (24歳・男性)

CHEN、HUAN、NI、KUAN、REPLENISH、を使っています。
練習の前にCHENは絶対で練習後には、NI飲み20分後にKUANを飲んでいます
REPLENISH初めて飲んだ時は、酸っぱく感じたのですがだんだん美味しくなります
今ではバスの移動の際練習中試合中に欠かせない物です疲労がなくなりました
他の選手も飲んでいて同じ実感しています
体重がMUSASHIKUAN)を飲んでいない時から比べると増加しましたもちろん筋肉としてです
他の選手もMUSASHIを飲んでから増加しています
県外への移動では疲労の残りがあったのですがREPLENISHを飲みながら移動することで疲労がなくなりいいスタートができます
試合の当日は試合前にCHENを飲みハーフタイムでNI試合後にNI20分後にKUANを飲んでいますREPLENISHはいつでも飲めるようにしてくれているので常に飲んでいます。当日の食事を食べる際にも一緒に摂取しています。
HUAN練習前に摂取すると汗が出すぎるのでオフシーズンや休養の時に飲んでいます。増えすぎた体重をすぐ落とすことが可能です
今では僕自身はもちろんチームにとってもMUSASHIは欠かせないものです
プロフィールに書いてある通りコンディション維持の秘訣はMUSASHIです
 
 

疲労を軽減させることで怪我の予防にも、脱水症状や熱中症対策としても、REPLENISHは選手たちにとってなくてはならないサプリメントです。
体力や集中力を持続させ、チームの勝率を上げるためにCHENは選手にとって必要不可欠であることは間違いありません。
NIは疲労回復だけではなく、怪我をした時にも早期復帰を目的として摂取させることも多々あります。
KUANは筋肉の増加に優れているだけではなく、選手のメンタル面にも役に立つサプリであることに気づきました。
JOINTを摂取させることにより、関節痛に対する悩みの声は減ったように感じます。

 

2017.03.28 プロサッカーチーム (Jリーグ) アスレティックトレーナー Mさん (28歳・男性)

現在、プロのサッカーチームでアスレティックトレーナーとして働いています。選手たちのコンディションの向上を目的とし、チームとして約1年半前よりMUSASHIのサプリメントを使用させていただいております。私自身としましては、現在のチームで働く以前はMUSASHIのサプリメントを知りませんでした。ですので、今回の体験記は私がチームで働きだした1月から3月現在までの選手たちや私自身がMUSASHIのサプリメントを使用させていただき実感したことを書かせていただきます。チームでは主にCHENNIREPLENISHKUANJOINTを使用させていただいています。選手個人としても注文させていただいておりますが、選手の中にはチームで使用させていただいている上記のサプリメントに加えENDURANCEIMMUNITYなどを注文している選手も多々います
 
プレシーズンの1月から2月末にかけては、いろいろなチームと対戦させていただくことや、選手たちが練習に専念できる環境をつくるために、遠征が多くなります。そのため、バス移動や飛行機での長時間の移動が多くなります。遠征の際は、少しでも練習できる回数を増やすために午前中のうちに長距離移動があり、午後に練習というスケジュールがよくあります。
遠征の際は常にたくさんのMUSASHIのサプリメントを用意して臨みます。サプリメントの中でも特に移動による疲労をできる限り軽減できるようにとREPLENISHを多く持っていきます。長距離移動時に選手たちにREPLENISHを摂取させることにより疲労を軽減させることが可能となり長距離移動直後の午後の練習も疲労を感じず集中して取り組むことが可能であったという選手の声が多々ありました。
 
長距離移動による疲労により身体が思うように動かないことや集中力の欠如が起こり、怪我の可能性が高まるのですがREPLENISHを摂取させ、選手たちの長距離移動による疲労を軽減させることで怪我の予防にもなっているのでアスレティックトレーナーとしては大変助かっています
加えて、REPLENISHは試合の時にもよく利用させていただいています。選手の中には、「ただの水よりも、味のついた飲み物の方が飲みたい。」と希望する人もいます。REPLENISHはサッパリとした味なので試合前のウォーミングアップでも好んで摂取する選手が多くみられます。試合中は選手が自分で感じている以上に体内の水分が汗となり体外へ出ていきます。夏の炎天下でも試合はありますので、脱水症状や熱中症対策としてもREPLENISHは選手たちにとってなくてはならないサプリメントだと感じております
 
NIとCHENに関しましては、主に練習や試合の時に選手たちに摂取させるようにしています。CHENは練習や試合の約20分前に摂取させるようにしています。CHENを摂取することで運動中の瞬発力や持久力が向上していることを実感している選手が多々おります。サッカーの試合は前半と後半を合わせて90分あります。選手たちは試合中、常に体と頭を働かせていますので90分間体力を持続させるというのは大変難しいです。体力が低下してしまいますと集中力も低下してしまいがちになります。少しでも体力や集中力を持続させチームの勝率を上げるためにCHENは選手にとって必要不可欠であることは間違いありません
運動時だけではなく風邪を引いた選手に摂取させて回復を早めるためにも使用しています風邪の引きはじめにCHENを摂取することでだるさが軽減されたという話を選手が伝えてくれました
NIは練習や試合の直後に摂取させるようにしています。練習や試合による肉体的疲労は運動終了直後から蓄積されていきます。サッカーのシーズンは3月から11月と大変長いので、できるだけ選手には疲労を感じさせない、疲労してもできる限り早く疲労回復させ長いシーズンを乗り切らせたいという考えより、運動直後から疲労回復させるためにNIをできるだけ素早く摂取させていますNIは疲労回復だけではなく怪我をした時にも早期復帰を目的として摂取させることも多々あります筋肉系の怪我の際は13回から4回摂取させることで筋肉の損傷した部分の修復を早めることができるので選手の怪我復帰の時期も早まり大変助かっています
 
プレシーズン中は選手たちにとって筋肉の増強を図るために適切な期間です。選手たちは最低でも週に少なくとも2回から3回筋トレに行きます。プレシーズン中はチームより選手たちにKUANを支給します。やはり、筋肉量の増加には、正しいフォームで最適な回数をこなすことが必要です。それと同時に、筋肉量の増加のためには何を摂取するかということも大変重要です。普通のプロテインを摂取するとき、プロテインの量に比例して水の量も多くなっていきます。筋トレ終了後できるだけ、早くプロテインを摂取しようと思っても、量が多くて飲むのが大変だと感じる選手もたくさんいると思います。それに、普通のプロテインは多く摂取しすぎてしまうと、体の中で脂肪に変化してしまい筋トレをしているのに理想の体型になかなか近づかないと悩む選手もいます。しかし、KUANはスティック1本分で低カロリーなので、プロテインのように摂取するのに時間もかからず低カロリーなので、効率よく筋肉の増強を図ることができます
去年より、ずっとKUANを摂取している選手がいます彼はトレーニング後にKUANを摂取することで半年間で6キログラムも筋肉が増え見た目も一回り大きくなったと周りのチームメートからも一目置かれる存在となりました。試合にも出場し、去年よりも対人プレーの際に当たり負けすることが激減したと喜びの声を伝えてくれました
選手が自分でも筋力の増加を実感し自信を持ってプレーをしている姿を見るとKUANは筋肉の増加に優れているだけではなく選手のメンタル面にも役に立つサプリであることに気づきました
 
プレシーズン中は1日に2回練習がある日が多くあります。試合や遠征なども頻繁にあり、常に同じグラウンドというわけにもいかず、天然芝ではなく人工芝での練習や試合も大変多くあります。グラウンドの質や変化により腰や膝などの関節痛に悩む選手も少なくありません
そういう選手たちのことを考慮してチームではJOINTを摂取させるようにしています
基本的に関節痛に悩まされている選手たちには就寝前と運動中に関節痛を感じた時に摂取させるようにしていました。そうすることにより関節痛に対する悩みの声は減ったように感じます
長いシーズンを考えると、やはり疲労が蓄積されていきアウェイゲームのための移動による関節痛は今後増えていくと思います。そういうことも考えるとできるだけ通常時よりJOINTを摂取させ関節かかる負担を減らしてあげられるようにしたいと思います
 
lMMUNITYチームとして購入したことは僕がアスレティックトレーナーとして働き始めてからはありませんが、選手個人で購入している人が少しいます。その選手たちの主な目的は腸内環境の改善や花粉症のようなアレルギー症状の改善のようです
ハードなトレーニングにより疲れがたまり風邪やアレルギー症状に対する免疫力の低下は避けられないかもしれません。どれだけ、IMMUNITYを使用することで選手たちの体調が改善されるのかIMMUNITYを個人的に購入している選手と頻繁にコミュニケーションを取りそのサプリメントの重要性を調べていきもし選手全員に必要だと感じると今後購入することも考えさせていただこうと思います
 
私自身MUSASHIのサプリメントを使用させていただいて一番初めに驚いたことは1回あたりに飲む量の少なさです。今まで、私自身が使用してきたプロテインなどのサプリメントは飲む量も20gと多く、その量に比例してプロテインを溶かして飲む水の量も多かったので、プロテインを摂取することもトレーニングの一部のように感じていました。加えて、プロテインは飲む量が多すぎると体内で脂肪に変化したりと、多くのことに気を使いながら摂取してきました。しかし、MUSASHIのサプリメントはスティック1本を少量の水と飲むだけなので摂取する効率が良く練習や運動の直後で疲労している時でも簡単に摂取できるのでアスリート向きのサプリメントだと思います。今後ともチームで愛用させていただきますので、よろしくお願いいたします。
 

REPLENISHを練習、試合中に飲むと、練習中だと足がつることが多いのですが、飲み始めてからつることはありませんでした。この夏の大会でベスト8という結果が残せたのも、身体を効率よく回復させることが出来たからだと思います。

2014.08.28 高校野球 Y高校 (東京大会ベスト8) S投手 (17歳・男性)

夏の甲子園予選大会の前に監督に薦められNIスティックを飲みました
試合前や5回終了時に飲み、1試合目の時にはあまり分かりませんでしたが、2試合目、3試合目くらいから疲れが取れている感覚がありました。大会の4試合目くらいになるとさすがに疲れは取れにくいところもありましたが、これからもハードな練習が続くのでこのNIを飲んでがんばっていきます
REPLENISH、NIと同じ時期から練習中・試合中に水に溶かして飲みました
NIはあまり美味しいとはいえないため、これも味はどうなのかと思い飲んだのですが、とても飲みやすい味でした。
練習中など足がつることが多いのですが飲み始めてからはつることはありませんでした
他にもスポーツドリンクで試してみたことがあるのですが、その中で一番効果を実感することが出来ました。
この大会でベスト8という結果が残せたのも、身体を効率よく回復させることが出来たからだと思いますこの2つの商品以外ではKUANCHENFUを飲んだことがありその時にも良さを感じることが出来ました
今後もMUSASHIを飲み続け、次のステージでも活躍したいと思っています。
 

疲れにくい感じと疲労の回復が早いREPLENISHをキャンプ中やシーズン中にも欠かさず飲んでいます

2014.10.20 プロ野球 (日本シリーズ 胴上げ投手) I投手 (31歳・男性)

MUSASHIを初めて飲んだのは社会人野球時代です。チームの先輩が飲んでいた影響もあり、質の良いサプリメントということで自分もNIとJOINTを摂取していました
プロに入ってからは、MUSASHI以外の色々なサプリメントを試していたのですが、怪我が続いていた時に知人のアドバイスもあり再びMUSASHIを摂取することになりました
それからは起床後にJOINTトレーニング後にNIとKUAN就寝前にNIという流れで飲み続けていますそれと練習中にはREPLENISHを飲んでいます
正直、飲む種類が増えてタイミングを考えるのは面倒ですが、効果を最大限に出す為に飲み方やタイミングなどを意識して摂っています。中でも特に実感できているのが練習中に飲んでいるREPLENISHです。シンプルに疲れにくい感じと疲労の回復が早い気がします。キャンプ中やシーズン中にも欠かさず飲んでいます
MUSASHIは無添加で身体にストレスが無く効果を追求しているので信用できるし安全感があります。今後はCHENも試そうと思っています。
 

REPLENISHを飲むと、疲れにくくなって、登板日には欠かしたくない存在となりました
 

2014.10.24

以前は市販のスポーツドリンクを飲んでいましたが、チームのトレーナーさんより話を聞き人工甘味料が含まれていなくて、BCAAの入っているREPLENISHを現在は飲んでいます。味も飲みやすく、お腹に溜まる感覚が少ないです。
そして、汗の出方がよくなるが疲れにくくなって登板日には欠かしたくない存在
となりました

昨年はシーズン中に体重が増えてしまい身体のキレが減少しプレーにも影響してしま
いましたが今年HUANを飲むようになってから
今年は体重をうまくキープ出来ています
それと花粉症の時期には毎年薬を飲んでいますが、今年はIMMUNITYを飲ん
だら
鼻水などの諸症状が楽になり、薬の代わりにはもってこいでした

足がつるという癖があったのですがREPLENISHを飲むことにより、バテずに試合に集中でき足がつらずに過ごすことができるようになりました。常温で飲むと体の中から早く効率的に浸透する感覚があり、欠かせないものとなっております。それに、NIは怪我した時や練習・試合の投球後にかならず飲んでおり体が軽くなるという感覚があります。

2014.09.22 プロ野球 (ドラフト1位) S投手 (29歳・男性)

チーム内の選手が飲んでいるのを見たのがきっかけで3年前よりMUSASHIを飲み始めました
REPLENISHは味の飲みやすさでキャンプ中から飲んでいました。これといった効果は他のドリンクとの違いはさほどわからなかったのが最初の印象です。
しかし、シーズンに入り、決まって夏の試合中に投げていると足がつる前兆のような感覚がでて、その後予想通り足がつるという癖があったのですがREPLENISHを飲んでいると全くその症状がおこらずバテずに試合に集中できそのシーズンから足がつらずに過ごすことができていますやはりMUSASHIは違うんだなと実感しました
昨 年までは、夏になるとREPLENISHを冷たくして飲んでいたのを味はおいしくはなくなるのですが、今シーズンから「常温で溶かして飲む」ことに変えま した。なぜかというと粉が溶けにくいことや常温の水を飲んだほうがアスリートによいとなにかの本で書いてあったのもあったからです。実際に常温で溶かして飲むと体の中からREPLENISHが早く効率的に浸透する感覚があり試したところ結果もいつも以上によいものとなりました
それからずっと常温のREPLENISHを試合中や練習中は愛飲しています。
NIは怪我したときや練習・試合の投球後にかならず飲んでおり疲れが取れというよりも体が軽くなるという感覚があります飲むと飲まないとでは本当に違うなと1回で感じさせられたのがNIですね
いろんなものを試した中でもREPLENISHとNIは私の中でも必需品として欠かせないものとなっております
現役中はずっと飲んでいきたいと思います。

マラソンの当日朝には「リプレニッシュ」を飲むと、レースが進めば進むほど調子が上がり、30キロからも変わらず快調で、いつもと反対にそこからペースを上げて、自己ベストを10分以上更新出来ました。翌日の筋肉痛もいつもとは比べ物にならないくらい軽く済みました。もう手放せません。 

2016.02.04 マラソン 会社員 Iさん (36歳・女性)

4回目のフルマラソン、自己ベスト更新を目標にしていましたが、仕事が忙しくて練習不足な上、大会1週間前に風邪を引いてしまいました
タイムどころか完走さえ怪しく不安でいたところ、いつも通っているスポーツジムのイベントでMUSASHIのスタッフの方が来ていました。藁にもすがる思いで相談するとENDURANCE」を数日前から飲む「エンデュランスローディング」という方法とレースの30キロ地点で「NI」を飲むと良いと教えてくれました。また、当日朝には「リプレニッシュ」を飲むと良いと勧めてくれました
言われた通り大会までの3日間を過ごすと、スタート直後から体が軽く、スピードを抑なくてはならないほどでした。
しかもレースが進めば進むほど調子が上がってくるのです
30キロの吸水所では、「これ味はイマイチなんですけど効くんですよ」と、係りの人と談笑するくらい余裕をもってNIを補給しました。
30キロからはアップダウンが連続するコースで周囲の人たちは軒並みペースを落とし、歩いてさえいましたが私は変わらず快調反対にそこからペースを上げていけました
完走出来る自信さえなかったレースだったのに、自己ベストを10分以上更新してゴール出来ましたいつもフルマラソンのレース中にトイレに寄るのですが今回はリプレニッシュ効果か寄ることなく走りきれたので、それも自己ベスト更新に繋がったと思っています。
レース後もまだまだ余裕がある感じで、一緒に参加した仲間から「もっと走れそうだねと笑われました。またそのタイミングで飲んでおいたからか、翌日の筋肉痛もいつもとは比べ物にならないくらい軽く済みました。仕事にまるで支障がなく、「昨日本当にフルマラソン出てきたの?と同僚に疑われるほどでした
「NI」「ENDURANCE」「リプレニッシュ」これはもう今後のレースで絶対手放すことの出来ません。私にとっての「三種の神器」です。また、この効果的な飲み方を教えてくださったMUSASHIのスタッフさんに心から感謝しています。ありがとうございました。

リプレニッシュを試したらところ、いつもの10キロランニングをしたところ全く疲れず登り坂でもどんどんペースが上がり今季最速記録が出ました!またこの一ヶ月ずっと喉の痛みに悩まされていたのに走り終わったら治っていたのには驚きました。  

2017.01.15 ランニング 主婦Tさん (55歳・女性)

口コミを見て、まずはリプレニッシュを試してみました。風邪がなかなか治らずペースが上がらない中これを飲んでいつもの10キロランニングをしたところ全く疲れず登り坂でもどんどんペースが上がり今季最速記録が出ましたまたこの一ヶ月ずっと喉の痛みに悩まされていたのに走り終わったら治っていたのには驚きました。こんなに効果があるなら他のムサシも試してみたくなりました。味もスポーツドリンク特有の甘ったるいヌメヌメした感じが嫌いですが、さらっとしていて非常に飲みやすく気に入りました

マラソン等の長距離を走った後にREPLENISHを飲むと、筋肉疲労があっという間に消えてしまうのは不思議

2013.09.27 公務員 マラソン Hさん (49歳・男性)

REPLENISH(リプレニッシュ)は長い距離を走った後の疲労回復に絶大な効果があり、愛用しています。筋肉疲労があっという間に消えてしまうのは不思議なくらいです。昨年の大阪マラソンでは、ゴールの後に飲んだら、普通に歩き回れてしまい、ゆっくり観光することができました

REPLENISHを飲んでみたところ、足もつらず、集中力も途切れず、後半の上り坂でも全くバテず、翌日筋肉痛もなかったのは初めての体験です

2011.05.06 会社員 マラソン、フィットネス Tさん (36歳・女性)

NI(ニー)とREPLENISH(リプレニッシュ)がセットになったお試しセットを購入しました。早速マラソン大会10km出場の際当日飲んでみたところ、1か月前より1分40秒タイムを更新て初の50分切り。コースはアップダウンが激しく走っている時はものすごく辛かったのに、タイムは良くて驚きました。中盤から徐々にペースがよくなり、後半の上り坂で全くバテなかったのは初めての体験で足もつらず翌日筋肉痛もなく、とにかく爽快でした。第二弾は室内で使用。先日ハイインパクトレッスンに1日3本出た時も同じ様に取り入れてみたところ・・・集中力が持続して身体が動きすごて怖いくらいでした。変に喉が渇かず、あともうひと頑張り出来ました。いろいろ試してきたけれど、こんなに即効性があるのはMUSASHIだけです。早速ジムの知り合いにも勧めました。これだけ効果があるならお値段は気にならないです。MUSASHIのおかげで自分の力をもっと信じることが出来そうで す。

リプレニッシュを飲んでいると、連続の試合でも体力が持続するし、翌日の疲労が少なく体調が良くてびっくり

2010.11.02 会社員 テニス Iさん (35歳・女性)

大会時、今までは1試合でももつれると体力切れで負けていたのですがそれがびっくりするくらいなくなりましたREPLENISH(リプレニッシュ)を飲み始めてからは翌日の疲労も少なく体の調子がいいです
先日、3日間連続で大会出場し、毎日3試合をこなしました。一つの大会では決勝まで進出し、残念ながら負けてしまいましたが、1試合でバテバテになっていたことが今では考えられません水からリプレニッシュに変えるだけで、こんなに変わるとは思っていなかったので、びっくりしました。 

ロードで200キロくらい山岳を含むコースを走ってくる旦那さんにREPLENISHを試して貰ったら、いつもなら後半は足にくるが、後半のふんばりがいつもと違って足が楽だった〜!すぐに体が吸収する感じ。

2016.03.14 ロードバイク 会社員 Mさん (32歳・女性)

ロードバイクでロングライドやヒルクライムをしている旦那さんに試してもらいました
ロードに乗る時にはボトルにドリンクを作って持っていくのでいろいろ試していますが
早速休日の朝5時に家を出てロードで200キロくらい山岳を含むコースを走ってくる旦那さんに作って持たせてみました
いつもなら後半は足にくる、と言う旦那さんです、高機能ドリンクのおかげか後半のふんばりがいつもと違って足が楽だった〜!とかなり気に入ったようでした。
飲んだらすぐに体が吸収する感じも気に入ったようです!!
 

フルマラソンでREPLENISHをのんでみたら、いつもは25km過ぎから足が重くなりペースダウンするところが,今回はそれがなく,予想以上のスタミナ持続で,自己記録を大幅に更新!

2016.03.14 マラソン 会社員 Rさん (39歳・女性)

途中でトイレに行かなくて良いとのランナーからのお薦めのコメントを見てフルマラソンで使用するため購入しました。
大会前日の午後から少しずつ摂取し,大会当日直前まで,計2リットル(4袋)取りました。トイレの方は,それほど効果を感じませんでしたが,それ以上に,いつもは25km過ぎから足が重くなり,ペースダウンするところが今回はそれがなく予想以上のスタミナ持続で自己記録を大幅に更新!おそらくREPLENISHの効果と思われます。
ホント感謝で,これからも使用したいと思います。
 

ゴルフの先生からも「プロも使ってますよ」、ただのスポーツ飲料ではなく、後半バテてきた時にパワーを与えてくれる飲料です。

2016.04.24 ゴルフ 会社員 Aさん (45歳・男性)

ゴルフの先生からもプロも使ってますよ」と教えてもらったこのリプレニッシュ。ただのスポーツ飲料ではなく後半バテてきた時にパワーを与えてくれるスポーツ飲料です
暑い日にゴルフや登山で飲用していると他の人よりバテにくい気がします。
甘すぎないのもいいですね。今年の夏も愛用します!

いつもは残り3ホールくらいに疲れがでてくるのですが、REPLENISHを飲むと、最後まで元気に回れました。これは良い!

2016.07.04 ゴルフ 会社員 Mさん (58歳・男性)

ゴルフに、持参しました
昼食の後、ラウンドしながらいただきました。
いつもは残り3ホールくらいに、疲れがでてくるのですが最後まで、元気に回れましたこれは良い!!
また、買いますね。ありがとうございます。

スポーツ時の体力の持続力が明らかにUPします。非常によいです!

2016.07.03 ゴルフ 会社員 Mさん (54歳・女性)

非常によいです!カロリーが気になったのですが、スポーツ時の体力の持続力が明らかにUPします
味は他メーカーの類似商品と違って甘くなくて気になりません。
 

トレイルランやロゲイニング等のロング走の時に、脱水や脚の痙攣を抑えてくれるのでとても助かります。

2016.03.10 トレイルラン、ロゲイニング 会社員 Cさん (46歳・男性)

トレイルランや ロゲイニング等のロング走の時に飲んでます
脱水や脚の痙攣を抑えてくれるのでとても助かります
 

リプレニッシュの威力にびっくり。オーバーワークに注意なくらい、スタミナが大きく向上

2009.06.16 プロボクサー Mさん (30歳・男性)

私は、現役プロボクサーです。トレーニング時にリプレニッシュを愛用しています。まず、飲み始めでその威力にびっくり。まず、トイレの回数が減りスタミナにも大きく変化がありました
使用していなかった時は、8Rのスパーリングを終えると疲れて、残りの練習メニューに集中出来なかったがリプレニッシュを使用するとスパーリングのあとサンドバック、ミット打ちを集中してこなしついでに8キロのロードワークにも行けちゃいました
オーバーワークに注意なくらいです!私にはピッタリなドリンクです。
今度は、スパーリングや試合前のここぞって時にCHEN(チェン)を使用してみたいです。

マラソン前日〜当日リプレニッシュを飲んで、最後まで粘ることができ、初のサブ4を達成することができました!! 

2016.03.15 マラソン 公務員 Tさん (25歳・女性)

MUSASHIと一緒に名古屋ウィメンズマラソン2016を無事完走しました
前日〜当日の水分補給はすべてリプレニッシュで行い、レース前にENDURANCE、レース中は10キロごとにNIを補給しました。
これらのおかげで最後の最後まで粘ることができ、お守り代わりに持って走ったロキソニンにもお世話にならずにすみました。
そして初のサブ4を達成することができました!!
また、レース後はもちろん全身の筋肉疲労はありましたが1日程度で収まり周りの人たちからは本当にフルマラソン走ってきたの?と言われるほどでした
レース後数日間はJOINTを1日2本飲みましたので、膝の痛みも全くありません。
MUSASHIシリーズは味は確かに美味しいとは言えませんが(ただしリプレニッシュはさっぱりしていて運動中でも飲みやすくおいしいです)、細長いスティック状でダイレクトにのどに流し込めるので気になりません。
来シーズンもよろしくお願いします。MUSASHI大好き!

当日はスタート前にENDURANCEを摂取、REPLENISHを給水で使用し、不思議なくらい疲労感が少なく、しかも、タイムも4時間20分ほどで、初めてのマラソンにしては速い方だと周りに言われました。あの身体の軽さは体験したことのない感覚だったので、意欲が湧きました。 

2016.03.19 マラソン 公務員 Iさん (35歳・女性)

先日、初めてフルマラソンに挑戦しました。とはいえ、長距離の練習はハーフを一回走っただけ、フルはぶっつけ本番という状態で、明らかに練習不足のため、まず完走できるか不安でした。
マラソン大会のイベント会場でたまたまMUSASHIのブースを訪れたのですが、スタッフの方に丁寧に説明を頂き、御守りのようなつもりでNI、JOINT、ENDURANCE、REPLENISHを購入しました。
当日はスタート前にENDURANCEを摂取REPLENISHを給水で使用し、10kmごとにNIとJOINTを摂取しながら走っていたのですが、不思議なくらい疲労感が少なく一度も止まったり歩いたりすることなく完走できましたしかもタイムも4時間20分ほどで初めてにしては速い方だと周りに言われました
初挑戦で使用したため、使用しなかったらどうだったのかは正直分かりません。でも、あの身体の軽さは体験したことのない感覚だったので、少なからず良い作用があったものと思います。
おかげさまで初挑戦を良いイメージで終えることができたので、これからも継続してフルマラソンに挑戦していきたいという意欲が湧きました。その際にはジンクス兼、実用的なサプリメントとしてMUSASHIを活用したいと思います。

リプレニッシュを試合前後飲んだら、何時も以上体が動けて、試合後に家に帰っても疲労感が無かったです

2007.06.19 会社員 サッカー Yさん (30歳・男性)

小学生の頃からサッカーをしています。社会人になっても、草サッカーをしていますが、年齢と共に体力低下を感じています。MUSASHIを飲む前は、試合中に足がつり、試合の翌日は筋肉痛と疲労感でいっぱいでした。6年前、仕事の関係でMUSASHIを知り、飲み始めました。試合前にCHEN(チェン)を飲み、試合後にNI(ニー)を飲むようになってから、試合中に足がつらなくなり、試合後は筋肉痛がなく、疲労感が軽減されました本当にビックリしています。飲み始めてからは、MUSASHIが手放せなくなり、MUSASHIがないと不安になります
最近、もっとビックリしたのがリプレニッシュです。試合前にリプレニッシュを400cc程度、CHENと一緒に飲んでから試合をしました。試合中は体が軽く、いつも以上に体が動きました。試合後、600ccのリプレニシュをニーと一緒に飲み、家に帰ってもいつもよりも増して疲労感がなかったです。これからは、試合前後だけでなく、試合中やハーフタイム中にも飲みます
もし毎日トレーニングができて、MUSASHIを飲み続ければ、10代の頃のような体力に戻る気がしますこれからはチームメイトにもMUSASHIを教えて、チームの若返りを目指して頑張ろうと思います

 

驚いたのは、REPLENISHだけで18kmのトレイルランを走って見たら、心拍数170〜180でも、終始エネルギーが十分に漲っていて、筋肉痛がほとんど発生せず、準優勝できたことです

2010.10.19 会社員 トレイルランニング アドベンチャーレース Wさん (29歳・女性)

先日の精進湖本栖湖森林浴トレイルランのMUSASHIブースにて、HUANとENDURANCE PREPARATIONを試食させて頂きま した。トレイルランニングなど耐久系競技では脂肪燃焼してエネルギーに変えることが必然的です。18kmという比較的短い距離なので、終始心拍数 170〜180で走り続ける上で、経験から言ってこれをゴールまで維持する為には途中でパワージェルなどの補給が必要でした。、驚いたことに今回その補給は必要ありませんでした。と、いうのはこのペースで走ると1時間ぐらいで集中力低下を感じエネルギー補給したいな、と感じるのが通常ですが、今回はスタートからゴールまでの1時間50分、ここぞという時に終始エネルギーが十分漲っていると感じました。ハイドレーションに500mlのREPLENISHも使用しました。まず、非常に飲みやすい。甘くないので味覚を刺激することなく、飲みすぎてしまうこともなかったです。一口飲むと直に身体に水分が吸収されていくのも感じました。(水分が吸収されている、と本当に感じたのはリプレニッシュが初めて。)レース直後にNIを試食させて頂きました。
18kmのトレイルを全力で走り、絶対に筋肉痛になるはずでしたが驚くほど筋肉痛が軽いです。お陰で結果は準優勝、かなり追い込んで走ることができました

リプレニッシュでは、最後まで集中力が途切れないし、疲れが留まらないし、たくさん飲んでもトイレの回数が減るので大変助かっています

2009.02.10 モトクロスライダー Fさん (15歳・女性)

小学生の時にモトクロスに出会い、現在全日本レベルでレースに参加していますMUSASHIの中で最も愛用しているのがREPLENISH(リプレニッシュ)です。これは特に真夏の炎天下、プロテクターに身を包んで脱水症・熱中症と戦いながらレースに臨むライダーにとって、水分補給は大きな課題です今までは運動中に飲むと気持ち悪くなるという理由でスポーツドリンクは飲まず、お茶を飲んでいましたところがプレニッシュは気持ち悪くならないうえ疲れがたまりにくく、水分不足を補ってくれます。けれどたくさん飲んでもトイレの回数はこれまでより減っています。オフロードの競技であるため、トイレの問題はレディスライダー共通の切実な悩みで、大変助かっています。炎天下のレースでは集中力が途切れがちになりますが、リプレニッシュを飲むと最後まで集中力が途切れることなく走りきることができます

説明書に書いてある通りの効果を素直に実感できています
また、モトクロスライダーに多い怪我は骨折です。私も先シーズン手首骨折してしまいましたが、JOINT(ジョイント)を積極的に摂取した結果全治1ヶ月と診断された怪我が2週間でほぼ回復し、3週間目には完治してレースに復帰しましたお医者様も治りの早さには大変驚いていました。 

リプレニッシュだけを摂ることによって、終始パフォーマンスが落ちずに、自転車400kmを25時間22分で走破できました 

2014.04.25 会社員 自転車 Mさん (41歳・女性)

固形物の摂取なし、リプレニッシュのみの摂取で400kmの走破にチャレンジしたときの報告で。正直言って、400kmをリプレニッシュだけで走れるのか半信半疑でしたが、思い切ってチャレンジしてよかったと思っております。今回チャレンジしたのは、「BRM625伊那400」というイベント。走行距離は404.2キロ得標高5600m合計タイム25時間22分で走破しました。以下、感想です。

・       いつもはエネルギー摂取のために、おにぎりやパンなどの固形物を食べるが、走り出すと吐き気がする今回リプレニッシュだけで最後まで通してみたが、消化のために血液を胃腸にとられずに済むことから、パフォーマンスが落ちない

・       気温が高く熱中症気味でリタイアする参加者も多かったがリプレニッシュで水分を十分に摂っているため熱中症にならずに済んだ

 ・       リプレニッシュだけでエネルギー消費の多い山岳コースを走れるか不安だったのでエネルギーゼリーを2個購入したが、1個だけ摂取し、1個は封を切らずにゴールした。ゼリーは必要なかった

・       いつもは疲れ防止のために摂るBCAAサプリメントも必要なかった。BCAAはリプレニッシュに含まれている。

暑さに弱い私がこのコースを完走できたのは、リプレニッシュのおかげだと思います。
次回もリプレニッシュだけで走ってみようと思います

今まで10年間フルマラソンで必ずトイレに行っていたのが、今回は、REPLENISHを飲んだら、一度も行かないで済みました。不安感も全く感じず、レースに集中でき、ベスト更新できました。

2016.03.15  マラソン 会社員 Rさん (46歳・男性)

初めてマラソンに使用。前日と当日に飲用。
今まで10年間フルマラソンで必ずトイレに行っていた(緊張と寒さで、下手すると2回)のが今回は一度も行かないで済みました。というか行きたいという不安感も全く感じずレースに集中できました
ロスタイムがなかったおかげで久々のベスト更新マラソンされるかたには絶対おすすめします
 

REPLENISH(リプレニッシュ)で集中力を持続でき、バテない効果を実感できました 

2008.11.18 公務員 エアロビックス Wさん (30歳・男性)

10月11日のサバイバルエアロビクスの会場でリプレニッシュをモニタープレゼントされました、千葉県の渡部茂至と申します。
リプレニッシュはとにかく練習中に飲めば集中力を持続でき、バテない効果を実感できました試合にも持参し非常に重宝しています
他社のスポーツドリンクとは吸収性と威力が格別だという感想をもってます。
そのかいあって、その後、私は千葉県代表としてスズキジャパンカップ東日本地区大会(11月15日)に参加し、予選ラウンドを突破しました。
決勝ラウンドで演技中、肉離れを起こしてしまいました。しばらく練習を休みまして治療に専念します。毎日、MUSASHIを飲んで早く傷を治して練習を再開するつもりです。

東京マラソンで、REPLENISHを試してびっくり。トイレの心配がなくなると同時に、気力が充実 

2010.03.02 会社員 Tさん (43歳・女性)

2回目のフルマラソン東京マラソン2010の際、ブースで購入したREPLENISHのお試しセットを使ってみました
私は定期的に走っているランナーではなく、レースの3か月前にウォーキングからスタートして本番に備えるランナーです。今回は、12月末に捻挫をし3か月のうちの間の1ヶ月を棒に振ってしまい、後半かなり無理に間に合わせたため、疲れが抜けないままでした。
以前、MUSASHIのことは記事で読み試してみたいと思ったら、ビッグサイトのEXPO会場で、フルマラソン用のセットがありました。「尿の回数が減りますよ」の一言が一番
いつも練習で2時間もするとトイレに行きたくなり前回の初フルでもスタート10分前に行ったのにレース中2回トイレに行きました 前回は荒川市民マラソンだったので、まったく待ち時間なしにトイレに行けたのでよかったのですが、東京マラソンだとトイレ待ちは避けられないと思っていました。
ところがスタート前8時20分にトイレを済ませた後帰宅した17時半までトイレに行かなかったのです朝、REPLENISH(リプレニッシュ)を500ml摂り、レース中も500mlウエストポーチに入れて持ち歩いたREPLENISHと35km 過ぎに給水所で水を3回飲みました。(他に20km、35kでNI接収)ゴール後もNI(ニー)と水を飲み着替え後荷物に入れておいた REPLENISHを500ml摂りました。なのに、家までトイレなしです信じられません
もし、トイレに寄っていたら、ロスタイムより、寒さで体力を 消耗で大幅に時間がかかっていたでしょう。
レース前日は練習不足と疲れで足は動かないものの当日は30kmから、さらに気力充実し、沿道の人のハイタッチに元気をもらい、ラスト2kmは登りがあるにもかかわらず、ペースアップできました。おかげで、昨年並みの5時間52分でゴールできました。今後はレース時には必ずMUSASHIを使わせていただきます。

リプレニッシュは、肉体を駆使しているほど実感できます 

2009.09.18 スポーツ店員 バスケット・ウェートトレーニング Mさん (34歳・男性)

凄いの一言に尽きます
試合中のパフォーマンス・集中力がリプリニッシュを飲んでる時は落ちにくい
肉体を駆使している人ほど実感できるドリンクだと思います。
ぜひ、お試しください! 

リプレニッシュを忘れたとき、その威力を痛感しました

2008.06.10 主婦 エアロビクス Sさん (59歳・女性)

週に3〜4回エアロビクスに通っております。 日常の生活では食べたいだけ食べておりますが、エアロビクスの前にはENDURANCE PREPARATION(エンデュランス・プレパレーション)を必ず飲むようにしてから、半年で7Kgもやせました。それに伴い3重だったあごの肉もすっ きりしました。その後、REPLENISH(リプレニッシュ)を運動中のドリンクとして飲んでいます。先日リプレニッシュを忘れて水を飲んで運動しましたが身体が重たく感じて思うように動けませんでした。忘れたおかげでリプレニッシュの良さを痛感しました
今年は60歳になりますがリプレニッシュのおかげで先生の動きに頭も身体もついていけるし身体も軽く感じられいくらでも動けて若い人に負ける気がしません。これからもリプレニッシュをお友達にしていつまでも若々しく年をとりたいと考えます。 

厳しい猛暑の試合中、最後まで足がつることなく軽快な動きが持続できると同時に、後日の筋肉痛が気にならなくなりました

2011.02.06 自営業 テニス Mさん (43歳・男性)

REPLENISH(リプレニッシュ)は素直に「おいしい」と感じるドリンクですね。甘すぎることなく、後味もすっきりなので、飲みすぎによってお腹がいっぱいになることもなく、軽快な動きが持続できます。これは、特に、炎天下の試合では大切なことです。
これまで、厳しい猛暑の試合では試合後半で足がつりそうになり不安がつきまとっていたのですがリプレニッシュを飲んでいるとその気配がまったくありません。私のようなアラフォー世代には必ずやってくる2日後の筋肉痛も気にならない程度で助かっています。

30km走をリプレニッシュのみで、走りきれたことに驚いています

2010.10.26 会社員 マラソン Fさん (34歳・女性)

フルマラソンの時には、人一倍エネルギー補給をしながら走っているのですが(カーボショッツ6本)、先日試しに30km走をしたときはREPLENISH(リプレニッシュ)を1リットルのみで走りきれましたレースペースではなかったものの、ハーフ以上の距離を練習で走る時も必ずエネルギー補給していたので驚きです

REPLENISH(リプレニッシュ)で、パワーが出るようになり、集中してトレーニングできるようになった効果にビックリ

 

2009.07.17 会社員 Sさん  (36歳・男性)

隔週でパーソナルトレーナに付いてもらって、トレーニングをやっているのですが、その時にREPLENISH(リプレニッシュ)をいつも愛飲させてもらっています。トレーナに付いてもらい始めたころは、途中で集中力が途切れることが多々あり、パワーも出し切れていませんでした。(その頃は、リプレニッシュではなく他のスポーツドリンクを飲んでいました。)
そんな時にたまたまこのリプレニッシュの割引販売があり、販売員の勧めで何とな〜く試してみましたそうしたところパワーが出せるようになり集中力も途切れることがなくなりトレーニングを集中して行うことができるようになりましたその効果には、ビックリしています。これからもトレーニング時には飲み続けたいと思います。 

REPLENISHを飲むと、どんなに動いても、体に余裕があり、集中力が途切れないのです 

2009.03.19 会社員 エアロビクス愛好者 Sさん (32歳・女性)

MUSASHIに出会うまでは、運動後のアフターケアをするサプリメントを全く摂っていませんでした。週5日フィットネスクラブに通い、ハード系のレッスンとトレーニングをしているため、ストレッチだけでは疲れが取れない状態でした。
そんなときに同じクラブに通っている競技エアロビクスをしている方から、運動後の回復にいつもNI(ニー)を飲んでいると聞き、購入し飲み始めましたすると、翌朝の目覚めからスッキリ感があり体が軽くなった気がしました
昨シーズンからはサバイバルエアロビクスに連戦で出場するようになり、テーピングが欠かせませんでした。結果も2大会連続して一次予選で落ちてしまいました。心も体も落ち込んでいるときに、MUSASHIの体験談をホームページで読み、関節痛に良いJOINT(ジョイント)の存在を知りました。さらに、NIとJOINTの併用がいいとスタッフの方から聞き実行しました。すると、あんなに痛かった膝が少しずつ緩和されていき、今までと同じトレーニングをしても全く痛みを感じなくなりました。それ以降の大会では、伸び伸びとエアロビクスができるようになり、ファイナルまで残ることができました。シーズン最後の全国大会でもファイナルまで残れたのはNIとJOINTのおかげです
今シーズンからはさらにREPLENISH(リプレニッシュ)も飲み始めてどんなに動いても体力に余裕があり二次予選も集中力が途切れないので気持ちにも余裕があります。今シーズンも全国大会のファイナル目指してコンディションを維持していきたいです。 

藤田プロを習い、ラウンドではREPLENISHを飲んでいたところ、ついに念願の80台を出すことが出来ました。ラウンド中に集中力が途切れずに大叩きをすることがなくなり、常にコンスタントなスコアを出せるようになりました。 

2014.05.26 ゴルフ 会社員 Kさん (32歳・男性)

ゴルフのスコアがなかなか縮まらず、
2〜3年間90台を切ることができない日々が続いていました
あるとき雑誌で藤田プロの記事を読みMUSASHIを飲んでトレーニングを行っていることを知りました
藤田プロを習い、HUAN/KUAN/NIを飲み筋力トレーニングと打ちっぱなしの練習をし、
ラウンドではREPLENISHを飲んでいたところついに念願の80台を出すことが出来ました
HUAN/KUAN/NI/REPLENISHを飲むようになり実感したことはラウンド中に集中力が途切れずに大叩きをすることがなくなり常にコンスタントなスコアを出せるようになりました

炎天下の中のレッスンや試合中に愛飲させてもらっているREPLENISHは、レッスン中、話しながら動かなければならないテニスコーチである私にとってはとても重宝しています

2014.06.02 テニス テニスコーチ Nさん (38歳・女性)

炎天下の中のレッスンや試合中に愛飲させてもらっていますREPLENISHは後味もスッキリしていて、他のスポーツ飲料よりはるかに飲みやすいですレッスン中、話しながら動かなければならない私にとってはとても重宝しています♪NIについては、足がつりそうになってから飲みましたが、直後の試合以降つる事無くプレーできました!!!この夏以降も毎日お世話になりそうです。

ゴルフのラウンド時に、スポーツドリンクからリプレニッシュに変えてからは、足が攣らなくなり、喉の渇きも少なくプレーに集中できます。ムサシ効果で今年度のクラブチャンピオンになれました。

2014.07.06 ゴルフ 会社員 Sさん (51歳・男性)

ゴルフの練習とラウンド及びトレーニングのためにムサシを愛用しています。起床後と練習時にフアン、ラウンド時にニーとリプレニッシュ、トレーニング後にニー、就寝前にジョイントを飲んでいます。一番肝心なラウンド時の状態は後半の疲労感に違いがでます
飲み物も今までは、コンビニ等で買ったスポーツ飲料でしたがリプレニッシュに変えてからは足が攣らなくなり喉の渇きも少なくプレーに集中できます
 また、日頃腰痛にも悩まされていますが、ジョイントを飲んでからは安心して生活できるようになりましたムサシ効果で今年度のクラブチャンピオンになれました。心技体を鍛えるためにも今後も愛用していきます。ありがとうございました。

REPLENISHはとても飲みやすく、真夏の試合では後半も体が重くなることなくパフォーマンスもおちなかった。また、家族は仕事(割烹料理店)が忙しく、特に夏は体力がいるため店内みんなでREPLENISHを飲んで頑張っています!

2014.07.08 サッカー、フットサル 会社員 Sさん (28歳・男性)

REPLENISHはとても飲みやすく真夏の試合では後半も体が重くなることなくパフォーマンスもおちなかった
チームのみんなにも広めさせていただきました
また家族は仕事(割烹料理店)が忙しく特に夏は体力がいるため店内みんなでREPLENISHを飲んで頑張っています
他には風邪をひいたときに飲んでいます
最近は知人(フットサル東海リーグ選手)がCHENを購入し飲用しています。

REPLENISHをマラソン前後に少しずつ飲んでみたら、トイレに行かずにすんだし、筋肉痛が軽減されました。 

2015.11.13 マラソン 公務員 Sさん (60歳・男性)

11月8日に開催された岡山マラソンに出場した。前日から当日、レース終了後も少しずつ飲み続けたレース中、トイレに行かずにすんだ。併せてニーも取り続けた結果、筋肉痛の軽減があった今後も、練習・大会で活用したい

2-3かいのゴルフを楽しむときの後半にはいると足腰に疲れを感じていたが、プロ選手が愛飲しているREPLENISHを飲んでからは、確実に足の疲れを感じなくなりました

2016.03.19 ゴルフ 会社役員 Nさん (63歳・男性)

2-3かいのゴルフをたのしんでいますが、前半は自分なりのショットが出来るのですが、後半にはいると足腰に疲れを感じて上手くいきませんプロの選手が愛飲しているのをみてためしました前半、後半で一包ずつ飲んでいますが確実に足の疲れを感じなくなっています
これからも続けたいと思っています。

あまりトイレに行かなくて済むというのも、長いロング走の時にも、山歩きにも有難いです。

2016.04.07 マラソン、登山 会社員 Yさん (55歳・男性)

いつも長いロング走の時にはこれを持参していますあまりトイレに行かなくて済むというのも山歩きに行ってトイレになかなか行けないときには有難いです
 

試合中もこれを飲んでやってみましたが、いつもならスタミナ切れになるところ、最後まで集中して頑張れた気がします。酸っぱいなと思いましたが、運動中だと気になりません。

2016.04.06 会社員 Kさん (29歳・女性)

酸っぱいなと思いましたが運動中だと気になりません試合中もこれを飲んでやってみましたがいつもならスタミナ切れになるところ最後まで集中して頑張れた気がします。続けてしたいと思います
 

少しハードに動いた後に飲みましたが、疲労感が全く違います。

2016.04.04 会社員 Tさん (31歳・男性)

さすがMUSASHIです。
少しハードに動いた後に飲みましたが疲労感が全く違います
 

予選の時には足がつる選手が何人かいて、イニング中に交代するなどバタバタしましたが、全国大会では、REPLENISHを全員に飲ませたら、5試合で足がつる選手や脱水状態になる選手は一人もいませんでした。最初は、中学生にとっては少し酸味がきついようでしたが、慣れてくると「MUSASHじゃないと嫌だ。」と言う選手が大半でした。

2014.09.02 中学野球 Kチーム(シニア全国大会 準優勝)Mトレーナー (40歳・男性)

中学シニア野球チームのチームトレーナーをしています
夏の全国大会に帯同しましたが、優勝への道のりは炎天下の中5日間で5試合という過酷な日程
予選の時には足がつる選手が何人かいてイニング中に交代するなどバタバタしました
全国大会では選手達の炎天下でのパフォーマンス低下や熱中症対策として「リプレニッシュ」を試みました
最初は、中学生にとっては少し酸味がきついようでしたが慣れてくるとMUSASHじゃないと嫌だ。」「市販のドリンクは甘過ぎて、、、」と言う選手が大半でした
大会は準優勝でしたが5試合で足がつる選手や脱水状態になる選手は一人もいませんでした
さらに、試合直後にはリカバリーのために「NI」を素早く摂り疲労回復に努めたことも効果的だったかと思います
炎天下の大会での水分補給や疲労回復に良い組み合わせでした
 

REPLENISHの影響か試合の中盤に集中力が切れていたのがなくなったように思いますし、後半バテを感じなくなるのが目に見えます。最初は酸っぱすぎると言ってましたが、飲みなれるうちに口当たりがよくなるのか自然と試合中に口にするようになりました。
 

2014.10.23 S中学(全国中学校軟式野球大会 優勝) T監督 (--歳・男性)

毎年、県予選からチームドリンクとして試合中にはREPLENISHを飲みピッチャーの生徒には試合前にCHEN試合後にNIを飲ませています
REPLENISHについては最初は酸っぱすぎると言ってましたが飲みなれるうちに口当たりがよくなるのか自然と試合中に口にするようになりました
REPLENISHの影響か試合の中盤に集中力が切れていたのがなくなったように思いますし後半バテを感じなくなるのが目に見えます
またCHENとNIは、味の部分で生徒が難色をしめしていましたが、試合の為と思い飲ませています。監督の立場から率直な意見を聞いても本音はわかりませんが中学で実感した生徒は高校へいってからもKUANNIを飲んでいる生徒がいますし大学で活躍する選手も愛飲している生徒もいます
やはりMUSASHIは実感できるサプリメントだと感じます
今後も継続して 試合用ドリンクのREPLENISHとCHEN、NIを飲ませ、心・技・体の成長に一役を担う存在として使っていきます。
 

REPLENISHは、試合時のトレーニング前、ミーティング中、遠征移動のバス内に飲むことにより、疲労回復が早くなっていることとともに、尿の頻度が少なくなっています。
 

2017.12.02 プロサッカーチーム (Jリーグ) N選手(DF) (29歳・男性)

?サプリメントを摂取するタイミグ
【練習 】
CHEN:練習前に1本
NI:練習後に1本
【試合 】
CHEN:ウォーミングアップ前に1本
NI:ウォーミングアップ後、ハフタイム、試合に各1本ずつ
REPLENISHトレーニング前ミーティング中、遠征移動のバス内

?摂取してからの体感
NI疲労が残りにくくなった
CHENパワーが出る感覚がある
REPLENISH疲労回復とともに尿の頻度が少なくなった。公式戦の際は、通常のトレーニングよりも水分をより多く取る為、試合後の尿の頻度が多かった。そのため、 試合後にバスで長時間移動をする際、競技場を出発してから30分でトイレ休憩を取って貰っていたが、1時間以上、休憩不要で過ごせるようになった。

?率直な感想
一つ一つの商品が効果的でとても驚かされました
トレーニング終了直後にサプリメントを摂取することにより、疲労を回復させる事が、次の日のトレーニングでのパフォーマンスに影響することが分かったし、これからも継続的に続けていこうと思う。
 

REPLENISHをのんでから、いつもとちがって、夏と冬のトレーニングと試合の後半に体がだるくなることがなくなり、痙攣も無くなり、最後までエネルギーを保ったままプレーに集中することができています。 
 

2017.12.07 日本オーストラリアフットボール 日本代表「サムライズ」 S選手 (--歳・男性)

オーストラリアンフットボールのトレーニング及び大会で提供していただきました
日本での夏季トレーニングでは、脱水や筋肉の痙攣を防ぐため、いつも水分補給には気をつけていました。今回REPLENISHをご提供いただいて感じたのは体の疲労感の違いです夏のトレーニングは特に後半に体にだるさを感じたりさらにハードなトレーニングの際は筋肉の痙攣もありましたがREPLENISHを摂取すると痙攣もなく集中してトレーニングで力を出すことができました
トレーニング後の脱水状態の回復も早く、尿の色が通常に戻る時間の早さにも驚きました
酸味を感じる味ははじめは少し抵抗感もありましたが不快な甘さが全くなく喉にスッと入ってくる感覚があるため暑い環境でもこまめに多くの水分を取ることができました
また、暑い中で汗を欠き、消化器の力が落ちる夏は、大量のスポーツドリンクを飲むとお腹を壊すこともありましたがREPLENISHを飲んだ際はそのようなことは一度もありませんでした
大会が行われた冬のオーストラリアでは、REPLENISHが体にとどまる実感がありました。気温が低い中で水分を取ると、トイレの回数も近くなり、反対に水分を失ってしまう感覚がありましたが、REPLENISHではトイレが近くなることもなく試合中に十分な水分を保つことができました
さらに冬に良くありがちな足の攣りもなく試合後半もエネルギーを保ったままプレーに集中することができました。                                                                                    
 

REPLENISHを飲み始めてからは、足が攣ってしまう回数は大きく減り、そして何より、疲れることなくフレッシュな状態でプレーできる時間が長くなりました。 
 

2017.12.07 日本オーストラリアフットボール 日本代表「サムライズ」 N選手 (--歳・男性)

MUSASHIのREPLENISHインフィニティ様がSAMURAISの支援をしてくださり、提供していただいたため、使用するようになりました。                                             
使用するまでは暑い日や練習の途中に足をつってしまうことや最後まで体力が持たないことが多くありました。サポートを受けるようになってからは、練習中に水やスポーツドリンクの代わりとしてこまめに摂っていました。                            
REPLENISHを飲み始めてからは足が攣ってしまう回数は大きく減りそして何より疲れることなくフレッシュな状態でプレーできる時間が長くなりました。                     
味は酸味が効き、とてもさっぱりしていて、暑く汗をかく日にお勧めです。                     
値段は少し高いですが、効果があるため、重要な日に取りたいと思いました。             

トレーニング頻度を上げる「リプレニッシュ」の継続力
 

自転車ロードレース元日本代表選手  西 可南子

【リプレニツシュを使ってトレーニング効率を上げる】
「暑い日が続きますが、こんな時期に長時間外を走り続けるのは非効率的です。特にもっとも暑い昼間に、日陰の少ないサイクリングロードなどを走るのは危険です」と西加南子選手。体調をキープして週末のレースに臨む選手にはより安全で効率のいいライディングメニューが必要となってくる。そこで教えてくれたのが、MUSASHI「リプレニッシュ」を使ったインターバルトレーニングだ。
「早朝、気温の低い場所で1時間ほど集中的に走り込めば、レースに必要なダッシュカが身につきます。MUSASHIのリプレニッシュを上手く使えばトータルのトレーニングは約1時間で終わらせることができます疲れが次の日に残りづらく熱中症の心配も軽減できますよね」。
ここで紹介するインターバルトレーニングは、信号のない緩やかな上りのルートを、10〜15分間ある程度高い強度で走り込み、これを複数回繰り返すもの。休憩中にはこまめに「リプレニッシュ」をとることで集中力の持続、時間と装備の効率化、余計なカロリー摂取の防止など、ロングライドだけでなくトレーニングにもMUSASHIのカは十二分に発揮される。「5分の上りなら4〜5回程度、10分なら3回程度は繰り返しましょう。そしてこのトレーニングを、週に2回程度行います。大事なのは1時間で終わらせ疲労を次の日に残さないこと。そして、このトレーニングに集中できなくなったら止めることです。ダラダラと続けても効果は少ないのです」。ロングライドだけでなく、トレーニングにも有効活用できるリブレニッシュとともに、夏のライドを楽しもう。
 
【吸収スピードが速いから優れた効果もすぐわかる】
体内に必要な要素だけが含まれている「リプレニッシュ」代謝を狂わせる物質は一切含まれていないためストレートに身体へと浸透しすぐに効果も現れるより無駄を省き効果的なものだけを取り入れたいトレーニングにおいて最適な“高機能ドリンク”なのだ
 
 

REPLENISHは、登山中のバテ防止、集中力維持のために飲んでいます。あと、空腹感も少ない。
疲れにくいという声のほかに「体の動きがスムーズになった」「足がつらない」「連日の登山でも筋肉痛になりにくい」という声も聞きます。

 

1983年日本人初のエベレスト無酸素登頂(世界でも10人目)。他の世界の高峰を制覇 山岳ガイド  遠藤晴行さん

遠藤晴行さんは、国際山岳ガイドとして活躍。冬は雪山、夏は北アルプスのバリエーションルートやヨーロッパ・アルプスが主なガイドエリアだ。登山技術難度が高い場所をガイドをする遠藤さんに、この夏、すぐに役立つアミノ酸の活用方法を聞いてみた。
 
−この夏、初めてバリエーションルートをめざす人は期待と不安があると思います・・シーズン直前ですが、なにかアドバイスはありますか?
直前にやるべきことは、コンディショニングです。体調をよい状態にして山に入り、その状態を山中でもキープすることですね。
 
−具体的には、どのようにすればよいのでしょうか。
きちんとした食事を摂って、充分に寝ること。さらに、コンディションの維持にはアミノ酸が欠かせないとも感じています。
 
−アミノ酸といってもいくつかあるようですが。
アミノ酸の最大の特徴は即効性です。そこで私は「MUSASHl」のアミノ酸をすすめています。その理由は、まさに実感できるアミノ酸だからです。この「MUSASH」のなかでも、登山であれば「NI(二ー)」と「REPLENISH(リプレニッシュ)」がいいですね
 
−その理由は?
NI(二ー)」はBCAAからできているので、遅日の登山でも翌日に疲れを残さないために使っています。とくに、登山がバードになるほど「NI(二ー)」によるサポートが必要だと感じています。REPLENISH(リブレニッシュ)」は登山中のバテ防止集中力維持のために飲んでいます。また、これは体が水分をよりよく吸収できるため、持ち運ぶ水の量を減らすことができると実感しています。あと、空腹感も少ない。緊張感が高く、荷物の軽量化が必要なバリエーションルートでも最適な飲料ですね
 
−つまり、登山中によりよい体調を維持するために「MUSASHI』のサポートがあると心強いということですね。
そうです。私のお客さんにも『MUSASHI』を試してもらっていますが疲れにくいという声のほかに体の動きがスムーズになった」「足がつらない」「連日の登山でも筋肉痛になりにくいという声も聞きます。この夏はモンブランでのガイドを予定しています。そこでも『MUSASHI』を大いに活用するつもりで、そのサポートに期待しています。
 

普段は汗をかきにくいのですが、リプレニッシュはすぐに体全体にしみ渡り、驚くほど汗が出ます
 

2012.07.30 マラソン Kさん (40歳・女性)

リプレニッシュはすぐに体全体にしみ渡る気がしました。普段は汗をかきにくく、熱がこもってしまう体質ですが驚くほど汗が出て熱が発散され、猛暑の中でも走りやすかったです。ニーは、翌日の筋肉痛軽減にとても効果があり翌日もしっかり走ることが出来ました
 

リプレニッシュを飲んだ後にすぐに代謝が良くなるので、汗が良く出るようになりました
 

0000.00.00 マラソン Cさん (38歳・女性)

リプレニッシュは実感として飲んだ後にすぐに代謝が良くなるので汗が良く出るようになりました。また、前回の練習会のときに、かなり追い込んで走ったのですが練習後にニーを飲んだら翌朝起きたときに疲れが残っていないというか筋肉痛がありませんでした。1日空けて、40?走をやったのですが、きちんとこなせました。それからはロング走の時は必ず飲んでます。どんな練習でも「今日は無理」と言って、やめることはなくなりました。私にはすごく合っているサプリメントだと思います。
 

リプレニッシュは、飲んだ瞬間に水分が体中に染み渡り、エネルギーが補給される感じです
 

2012.07.08 マラソン  Iさん (37歳・男性)

普段の練習では水しか飲んでいないので、効果の違いを実感しました。リプレニッシュは飲んだ瞬間に水分が体中に染み渡りエネルギーが補給される感じです。飲みすぎによる不快感もありません。当日は、リプレニッシュ以外は何も摂取することなく32?走りましたが疲れなしです!
 

スーッと全身にしみわたる感じで、いくらでも口に入りましたが、飲みすぎだと感じないのが不思議
 

2012.07.30 マラソン Wさん (52歳・女性)

リプレニッシュはスーッと全身にしみわたる感じでいくらでも口に入りましたが飲みすぎだと感じないのが不思議でした。ニーは直後と就寝前に飲んだのですが、翌日の疲れが残っておらず元気に走れました。この夏を元気に乗り切れそうな自信がつきました。
 
 

リプレニッシュは、不思議なことに大量に摂取しなくても潤った感覚を即座に与えてくれます
 

(ビーチバレー) 青木晋平

スポーツ全般に言えることですが、私はビーチバレーというスポーツの特性上、太陽が照りつける中、砂浜で試合や練習を行うので、水分補給の重要性を特に感じていました。
MUSASHIのリプレニッシュは、市販されている多くのスポーツドリンクと飲み比べると、違いが明確です。
飲んだ瞬間に感じるのは、まず飲み口です。水分補給において飲み口、味は切り離せない関係にあります。飲んで不快になっては試合や練習に集中できませんが、リプレニッシュは何も妨げになりません。しかし飲み口だけならば、従来のスポーツドリンクでもこれは良いというものもあります。ここで重要になるのは、水分補給としての有効性、効果、また効果率です。
実際に使用してみるのが1番ですが、私の場合は、飲んだ瞬間に体が潤った感じがするかどうか、という点が最も重要で、水分補給する時は、体が水分を欲している時なので、即効性が欲しいということです。
あくまで感覚的な話になってしまいますが、即座に体に染み渡る感覚を、その飲み口から、味から、効果から与えてくれます。
リプレニッシュは不思議なことに大量に摂取しなくても潤った感覚を即座に与えてくれます。この「潤った」という感覚を与えてくれるスポーツドリンクはなかなかありません。
さらに感覚的な潤いのみならず、運動後や翌日の体調や疲労度が違いその効果、効果率も感じることが出来ます
私は日常的にも使用しているのでだるい頭が冴えない重いという頻度重度が減り練習や試合はもちろん活動全般において効率的に過ごせるようになりました
試合中でも違和感なく飲め、後味がすっきりしていて、これだけ効果を実感できるのはリプレニッシュだけだと思います。
スポーツをする人の要望、理想を追い求めた形がリプレニッシュです。
 

味が体に染み込み、少量口に含むだけでも水分が補給できました
 

2010.08.16 登山 Aさん (男性)

モニターになったものの、仕事中の不注意で骨折。そして入院。運動は不可能に。2ヶ月が過ぎ、ようやくリハビリ・ハイキングを開始です。前日にNI(ニー)を飲んで就寝。朝、7時半にハイキング開始。登りだけで4時間、トータル8時間のけっこうしっかりとした山(庚甲山)でした。天気はよいのですが、梅雨前なので蒸し暑く汗が止まりません1時間ごとに休憩し、リプレニッシュを口にしました。特有の酸っぱい味が体に染み込み少量口に含むだけでも水分が補給できました。また、自宅後は、2ヶ月ぶりのハイキングで筋肉痛が起こると思ったので、さらにニーを飲み就寝次の日には快適に仕事ができました
 

プアカーオKOの裏側にMUSASHIリプレニッシュあり
練習の時に気持ちが切れない。もうずっと飲み続けているから、ないと不安になります。
即座にエネルギー源へ変わるし違いますよね。

 

ISKA世界ライトミドル級王座、K-1WORLDMAX2010世界一決定ターナメント 準優勝 キックボクシング元世界チャンピオン 佐藤 嘉洋

リプレニッシュは去年の6月から飲み始めてます。それまでもスポーツ飲料の粉末にハチミツとレモン汁を入れたりしたのをオリジナルで作って飲んでました。レモンならクエン酸も入ってるし、ハチミツで多少糖分も摂ってみたいな感じで。練習が長いんで、ちょっとでも糖分がないと集中力がなくなっちゃうんです。
練習の合間にバナナを食べていた時もありましたね」
17歳でデビューし早くから世界を舞台に戦ってきた佐藤は、栄養補給面への意識・関心も高く、よりよいものを求め試行錯誤を重ねてきた。
「でも、リプレニッシュはいいですよ。アミノ酸もクエン酸も入ってるし、練習の時に気持ちが切れない。もうずっと飲み続けているから、ないと不安になります忘れたら家へ取りに帰ります(笑
・・・
練習前はMUSASHlのアミノ酸を飲んでからジムへ来てリプレニッシュは練習中に飲みます即座にエネルギー源へ変わるし違いますよね。成分も糖分が入って、アミノ酸が入って、クエン酸が入ってるっていうのを見ると稿神的に落ち着きます。これを飲めば俺は動けるんだって思えるし相当いいですよ
僕はいいと思ったものはいろいろ試してきましたけどその中でもこれは決定版です練習のパートナーだし、これ以外は使ってないです」サプリに対し、”良薬口に苦し”的印象を抱いていたという佐藤だが、リプレニッシュは「すっぱさがクセになるっていうか普通にうまいんです」と長く付き合っていく上で欠かせない点もお気に入りである様子。プアカーオ超えで引き寄せた魔裟斗戦、そしてさらにその先ヘ−。「魔法の水を携えて佐藤はMAXの頂点を目指す。
 

最初にリプレニッシュをロにした時は、身体の隅々にまで浸透していくような、爽やかさを感じました。摂取直後の100mでは身体が軽く、いつもよりも楽に進むように感じました。
 

2011.07.01 水泳Iさん(39歳・男性)

昨年から100mをメインにレースに参加していますがスト25mでバテてしまい粘ることができない状態が続いていました今回モニターで最初にリプレニッシュをロにした時は身体の隅々にまで浸透していくような爽やかさを感じました練習中摂取直後の100mでは身体が軽くいつもよりも楽に進むように感じました練習後半になってもバテにくくなり脚がつることもあったフィンを使った練習でもトラブルが軽減されました
当日は起床から会場入りまでの間に1袋分、アップ前後と召集前でもう1袋分補給しました。100mでは残り25m付近で今までは腕や脚の動きが鈍くなり始め、苦しい感じでしたがリプレニッシュを飲み始めてからはそれが軽減され最後のひとかきまでカをしっかり伝え切れました。レース後はいつもなら下半身に疲れが出て、脚の付け根や大殿筋、ひざ裏あたりにモヤモヤとして、イやな感じの疲労感が残っていました。今回はダウン中でも集中できリフレッシュした状態で次の種目に臨めました。自己記録は更新できませんでしたが、ポジションなど新たな発見もあり、次への収穫となるレースでした。

のどを通過した瞬間に体に吸収されていくイメージです。おなかに水がたまる感じがないのがいいですね。
 

2010.06.07  大学生 クライミング Sさん (男性)

REPLENISH(リプレニッシュ)。これは、おいしい。のどを通過した瞬間に体に吸収されていくイメージですおなかに水がたまる感じがないのがいいですね
 
 

飲んだ分だけ渇きが満たされる感覚があります。走り終わるまで集中できるようになりました。
また、リプレニッシュは頻繁に摂取してもお腹がチャボチャボしなくて、胃に負担を感じることがないのもいいですね。

 

0000.00.00 マラソン Tさん (28歳・女性)

私は汗かきで、走り始めた頃は汗をかくと水分補給が追い付かず、身体が重く感じて、トレーニングで走る距離がなかなか延ばせませんでしたコーチに勧められて飲み始めたりプレニッシュは飲んだ分だけ渇きが満たされる感覚があります。身体の重さも気にならなくなり走り終わるまで集中できるようになりました。また、リプレニッシュは頻繁に摂取してもお腹がチャボチャボしなくて胃に負担を感じることがないのもいいですね味もさっぱりとしていて積極的に補給したくなります
 

炎天下のゴルフで、疲労感もほとんどなく、翌日の筋肉痛もありませんでした

2010.11.02 会社員 ゴルフ Uさん (67歳・男性)

平均100前後でプレーする月1ゴルファーです。真夏、最高気温が37度になる炎天下でプレーしたときREPLENISH(リプレニッシュ)をハーフに1袋づつ飲みまし。普通のスポーツドリンクを飲んでいた友人は午後の途中で脱力状態となり棄権しました
私はプレー後の疲労感もほとんどなくいつもは翌日にどこかしら痛みが出るのですが、それもありませんでした中1日空けて翌々日もプレー。全員の分のリプレニッシュを準備して無事プレーを楽しむことができ、同伴の皆さんから感謝されました

リプレニッシュを飲んでみたら、真夏でも、200kmを最後まで走り続けられました。あの感動は忘れません

2009.09.25 大学生 自転車ロードレース Hさん(男性・20歳)

ムサシに出会い、スポーツを再び楽しめるようになってからと言うもの、トレーニングや日々の練習が、非常に充実していま す。怪我をしたり、スポーツが出来ない期間があったからこそ、人並みの練習が出来ることの嬉しさを実感しております。今回は、ニーとリプレニッシュについ て嬉しい体験をしましたので、書かせて頂きたいと思います。趣味で始めた自転車ロードレースですが、 最近は競技の方にも足を踏み入れ、日々練習に励んでおります。現在は、フアン、クアン、ニー、リプレニッシュを継続的に摂取し、体調に応じて、イミュニ ティーを利用しています。自転車が趣味→競技になった事によって、走行距離が以前の2倍以上になりました。一日で150キロ以上の距離を走ることも珍しく ありません。今までニーは練習後に摂取、練習中はリプレニッシュを飲んでいましたが、先日、初めてニーのスティックタイプを購入し、練習に持参しました。 初めて練習中にニー(スティックタイプ)を飲んだのは8月に山で走行距離200キロ位の練習をした時でした。私はスプリンターなので、持久力が乏しく、山での練習をすると、いつもは、練習序盤から、足に非常に強い疲労感を感じ、中盤からは足が攣りそうな状態で、ペダルを踏み続けるといった状態でした
リプレニッシュを飲み始める前は、夏場の200キロの練習についていくことすら間々ならず、途中で自転車を降りる事が多かったです。ただ、リプレニッシュを飲み始めてからは、真夏でも、何とか最後まで走り続けられるようになりましたあの感動は忘れません

しかも、リプレニッシュは、以前飲んでいたドリンクよりも、摂取量が増えているのにも関わらず、練習中トイレに行きたくなることが無くなりました!これは練習時間が長く、途中でトイレに行けない私にとって、かなり嬉しいことでし更に、集中力も高まる気がします
練習の際は、なるべく荷物を減らしたいので、スティックタイプは非常に便利です。プレニッシュの効果にも驚きを受けましたが、 ニーの効果はそれ以上でした!練習中、2回、一本ずつ摂取しましたが、普段感じる筋肉疲労を、全く感じませんでした。逆に、いつ疲労感が襲ってくるのかド キドキして走っていましたが、結局最後まで疲労感はありませんでした。どこまでも走れるんじゃないか?と思うくらいでしたから、感覚的には、すごく手を抜 いて練習したような感じでしょうか。
いつもと同じ練習をしているのに、ニーを飲んだだけで、これほどまで変わるものなのか?と衝撃を受け、私は練 習帰りにお店でニーを大量に買い込みました。冗談抜きに、それくらい大きな効果を感じたからです。その後は練習中に、ニーを必ず摂取するようにしていま す。ニーのおかげで、今までよりもハードなトレーニングを行えるようになり、選手としてレベルアップできそうな気がしています!しかも、ニーの良い所は、 次の日に疲れが残らないことです。高強度のトレーニングをしても、一日寝れば、疲れが抜けてるというのは、非常に助かります。筋肉トレーニングも行ってい るため、周りの影響で練習後にプロテインを摂取していた時期もありますが、自転車で200キロの練習をした後は、内臓の活動も鈍っているのか、プロテインを飲む気にもなりませんでしたし、無理して飲んだものの、次の日は猛烈な筋肉痛に襲われ、しかも筋肉は発達するどころか、弱くなっていくのがわかりました。おそらく、プロテインの吸収が悪かったのでしょう。その点、二―は少量で済むので、いつでも飲めますし、非常に吸収がいいように思います。
他メーカーからもBCAAは多く発売されており、私も6製品くらい、色々と試したことがありますが、ニーほど効果を実感できる商品はありませんでした。おそらく、同じBCAAといっても、ニーは別商品と考えたほうが良いと思います。大 学生の私には「安い!」と言える商品ではありませんが、一度効果を実感すると、もう手放せません。私にとって、これからもニーは必需品です。今では、自転 車競技のチーム全員でニーを飲んでいます。正直、他チームのライバル達には「ニーの存在を知られたくない!」と思う位、抜群の効果があります。

REPLENISHを飲むと、トレーニング後の疲れが軽減されて、なくてならないものになっています

2013.10.02 自営業 筋トレ Kさん (33歳・男性)

週1回、ジムでトレーナーについて、トレーニングをしています。トレーニング中は、REPLENSH(リプレニッシュ)を飲んでますが、トレーニング後の疲れ方が軽減されて、なくてはならないものになっています
また、トレーナーのすすめで、NI(ニー)、KUAN(クアン)を飲んで、約1年がたちます。体重も1年で約7kg増え(65→72kg)、体つきも変わってきました。特に、NI(ニー)は必須で、翌日に疲れがほとんど残りません。翌日、翌々日にくる筋肉痛もかなり軽減しています。
IMMUNITY(イミュニティ)も毎日かかさず飲んでいます。飲んでからは不思議と風邪をひかなくなりました。これには少し驚きました。以前は下半身メインのトレーニング後に調子を崩すことがあったのですが、1日2回飲むことで、一時的な免疫力低下が抑えられているような気がします
今では、MUSASHIはなくてはならいものになっています。家族にもすすめて、飲んでもらっています。今後も引き続き飲み続けていこうと思います。

飲んだ結果は、飲まない時とは大違いで、疲れ知らずにタイムを11分更新できました

2012.12.15 会社員 マラソン Kさん (51歳・男性)

11月の神戸マラソンで後半疲れが足に来てしまい、2週間後の奈良マラソンに向けて体力の回復と当日の足対策のためにサプリメントを探していたころ、知人から「MUSASHIが絶対効くから!」と勧められREPLENISH(リプレニッシュ)とNI(ニー)を購入しました。奈良マラソンでは給水所のドリンクは使用せず、リプレニッシュをだけを使用しハーフ地点でニースティックを1本補給しました結果は2週間前のフラフラになった神戸マラソンとは大違いで、足に来ることもなく最後までしっかりと走ることができタイムも11分更新することができました
これからは本番だけでなく、30キロ走などハードな練習時にも使ってみようと思います。

翌朝はいつも感じていた体の重さもなくすっきり目覚め、夏の練習が快適になり月間走行距離も伸びました

2010.07.20 マッサージ師 マラソンランナー Iさん (53歳・女性)

先日マラソン大会の会場でREPLENISH(リプレニッシュ)を試飲して気に入ったのでNI(ニー)も入ったお試しセットを購入。使いだしてびっくりしたのはそのはっきりした実感
夏の練習は苦手で30分も走るとつらくなっていたのですがリプレニッシュを飲みながらと1時間走っても「もうちょっといけるかも」と思えるほど帰ってすぐNIも飲んだのですが翌朝はいつも感じていた体の重さもなくすっきり目覚めましたおかげさまで順調に月間走行距離ものび、毎日この暑さの中気持ちよく練習しています。MUSASHIに出会って本当に良かったです。

水分補給をREPLENISHに固定してから、翌日の疲労度が驚くほど軽減されました

2013.12.13 自営業 自転車 Oさん (37歳・男性)

冬季はMTB、それ以外のオンシーズンはロードで、月1000km程は走ります。数年前から水分補給をREPLENISH(リプレニッシュ)に固定してから、翌日の疲労度が驚くほど軽減されました。最近実験的に他のスポーツドリンクを試したところ、走行後の疲れがなかなか取れなかったので、気のせいではないようです。また、カロリー補給もできるので、50km程度の短距離であれば、REPLENISH以外の補給は必要を感じません(念のため補給食は持って行きますが、まず使うことはありません・・・)

長時間のレッスンでも、猛暑の中のジョッギングでも、余り疲れないことと回復の早さを痛感

2011.08.09 会社員 バレエ Tさん (44歳・女性)

長時間のレッスンができるようにとジョギングを猛暑の中チャレンジしました。手にはリプレリッシュをもって日焼け止めはもちろんですが(笑)後の疲れも少なくまた貧血防止にENDURANCE PREPARATION(エンデュランスプレ場レーション)を飲みました。
やはり吸収力が違いますね。回復の早さを痛感しました脱水にもならず、さすがです!この夏はリプレリッシュはずせません

ウルトラマラソンで試し自己ベストを1時間15分近く更新     

2012.05.15 会社員 陸上競技・マラソン Iさん (33歳・男性)

ウルトラマラソンの大会会場に出店していたMUSASHIのブースにて、お試しセットを購入。REPLENISH(リプレニッシュ)を溶かした500mlのボトル1本と、リプレニッシュ粉末1袋、NI(ニー)スティック3本をバッグパックに入れてスタート。給水所と給水所の間にリプレニッシュを、20kmごとにNIを補給。40km付近でボトルが空になったので、その先の給水所でリプレニッシュ500mlを作りました。
脚にダメージが溜まってきてからの粘りが明らかに変わってきて、リプレニッシュやNIでもう一度復活できるような感覚で、終わってみれば自己記録を1時間15分近く更新
また、レース翌日の筋肉痛も、以前と比べてかなり軽く済んで、MUSASHIの力を実感できました。今後リプレニッシュとNIスティックは長丁場のレースでは心強いパートナーになりそうです。 

リプレニッシュを飲む度に、今までの疲労が抜けていく感覚と同時にラップのタイムが上がってくるというのは初めての経験です。

2011.11.29 会社員 マラソン、中距離種目 Tさん (38歳・男性)

私は市民ランナーですが、市民ランナーの中では比較的高いレベルで頑張っています。競技は1500mからフルマラソンまで行っていますMUSASHI商品はNI(ニー)、CHEN(チェン)、REPLENISH(リプレニッシュ)が手放せないアイテムになっており少々高価ではありますが、すべて、なくなる前に買い足しています
まずは、CHEN。これはレース30分前に飲んで、練習が出来ていないときでもなぜか走れてしまっていますゲン担ぎを含め、これなしでは大会に挑めません。さらに、大阪マラソンEXPOのMUSASHIブースで、CHENは風邪をひきそうな時に飲めばよいと教えてもらい、もう手放せません。次はリプレニッシュ。これは絶対になくてはなりませんびわ湖毎日マラソンでスペシャルドリンクに使用したところ、同じペースで走っているつもりでも、飲んだ後の1kmあたりのラップが明らかに上がってくる30kmを超えてもそうでした。
給水がかなり楽しみでした。今までの疲労が抜けていく感覚です。こんなことは初めてでしたそれ以来、スペシャルドリンクは当然、年間通じて、大会前の水分補給もこれのみです。NIに関しては、CHEN、リプレニッシュほど、私は、速攻で体感はできていませんが、飲むと飲まないでは、翌日の筋肉の状態や疲労度が違うので常にキープしています。
全種類を日常的に飲み続けてはいませんが、体調や状況に応じて飲んでいます。
確かに実感できます。 

REPLENISHを飲んだら、ハーフマラソン最後の5kmで余力を持って走れました

2009.02.10 会社員 マラソン Mさん (42歳・女性)

11月のハーフマラソンに備えて友人からいただいたREPLENISH(リプレニッシュ)を飲んで参加したらいつもより最後5kmで余力を感じた。1月のサバイバルエアロビクスではNI(ニー)とリプレニッシュを試飲(たっぷり)したら3時間楽しく踊れた。おまけに2次審査へ進めた。(筋力不足ですぐに失格になったが)
その1週間後のハーフマラソンでは500mlのPETボトルにリプレニッシュを溶かして持って参加。最後の一番つらい大阪城の中を友人と話しながら軽く走れた。またその1週間後、2月15日のフルマラソンに向けて30km試走にリプレニッシュを持って参加。体力の維持ができることを認識。2月15日のレースでは最後の10kmで風と寒さとアップダウンとの戦いである。かなり体力が奪われるので体力と筋持久力の維持の効果を期待してリプレニッシュを持って走ってみようと考えています。

スポーツドリンクと違って、トイレに行きたくなる強い利尿作用がなくて、レースに助かっています

2013.01.08 自営業 マラソン Kさん (41歳・男性)

REPLENISH(リプレニッシュ)を飲み始めてから、ドリンクによって利尿作用に違いがあることに驚きまし今まではアミノ酸系スポーツドリンクをレースやポイント練習時に飲んでいましたが、かなりの確率でトイレに行きたくなっていましたしかし、リプレニッシュにはそれがないので特にレースでは助かっています。最近の大会はトイレの行列も長いですからね。また私は減量目的で走りはじめたので、カロリーが少ないのも嬉しいです。

リプレニッシュを飲むことにより、一日登山の後半の体力の消耗がなくなり最後までパフォーマンスを維持できるようになりました

2010.11.02 会社員 登山歴5年 Uさん (33歳・男性)

社会人なので、仕事の疲れを抱えたまま週末は山へ向かうことに。特に、土曜日の寝起きは悪く、体がずっしり重たいまま無理やりテンションを上げて山へ向かっていました。
しかしNI(ニー)を飲んだことで状況は一変。飲んでから早めに就寝。翌朝、重さやハリがなく、寝起きもいい感じです。早朝のスタートからハイテンションで山に向かえます。
REPLENISH(リプレニッシュ)は8時間以上のロングコースや縦走雪山など体力勝負の山行で大きな力になっています。小休止のたびに口に含むと、酸味が体にしみわたります。一日の後半は体力の消耗により一歩が重く感じ休息頻度も高くなりがちですが、リプレニッシュを定期的に飲み始めてからは、最初から最後までパフォーマンスを維持できるようになりました
そして、登山後のNIで翌日からの仕事もフルパワーです。

20kmや30kmのペース走、山道でのトレーニング時にREPLENISHの違いを強く感じます

2012.12.25 主婦 マラソン Hさん (46歳・女性)

REPLENISH(リプレニッシュ)を半年前から、トレーニング時に常用しています。20?や30?のペース走、そして山道でのトレーニングの時に、違いを強く感じました1袋を500mlの水で溶かし、運動前と運動中に飲むと、おにぎりやゼリーを摂らなくてもエネルギー切れにならず、最後まで体が動き続けます夏などは汗をかく量も増えるので自然に飲む量も増えますが、味も美味しく、飽きることがない点も気に入っています
 またNI(ニー)も使っていますが、キツイ練習の後ほど力を感じます。傷んだ筋肉を修復してくれると表現すればいいでしょうか。特に山道でのトレーニン グで脚の筋力を酷使した翌日でもだるさや筋肉痛が少なく、疲労感も緩和されているのです。それまで練習の翌日は、駅のホームの階段がつらくて仕方なかった のですが、NIを飲むようになってからは逆に足取りも軽く上がっていけます。目標はサブスリーです。これからも引き続きMUSASHI製品を使って、目標 達成できるよう頑張ります!

リプレニッシュを使ってみたところ、疲れた頃に、気力が湧いてくるのにびっくり

2007.05.08 公務員 マラソン、トライアスロン、トレイルラン、自転車 Bさん (54歳・男性)

私は30代よりアウトドアスポーツにはまり、自転車競技、マラソン、トライアスロン、山歩き、トレイルランニングと主にエンデュランス競技を楽しんでいる者です。しかしここ数年右足首の捻挫などの積み重ねが原因かどうか、ランを始めて40分ぐらいには必ず横膝が痛み出し、あとはいかに痛みを誤魔化しきれるかというような走りしかできなくて、半ば年のせいもあるかとあきらめていました。1年前雑誌で見たMUSASHIの記事でリプレニッシュのことを知り、インターネット通販で購入し、山でのトレイルランで使ってみたところれた頃にやってくる回復感というのか「もう1回がんばろう」という気力がわいてくるのにはびっくりしました。そしておかつその日の筋肉疲れが思ったほどなくて、次の日の仕事にも全然差し支えなくいけたことにまたまたびっくり‥というわけです。それでさらなる効果を期待してジョイントとエンデュランス・プレパレーションを購入し、試してみたわけです。
すると、走り始めて30分頃「そろそろ痛みはじめるぞ」と思いながら覚悟を決めていたのになかなか始まらず快調に走れるのです。「今日はいいかも‥」以前 もそういう瞬間はありましたが、その10分後には必ず痛みがやってきました。しかし今日はそれから20分たってもやってきません。それどころかもっともっ と走れるという感覚を押さえて「今日はこのぐらいでやめよう」と抑えなくてはいけないほどに快調に走り終えることができました。こんな感覚は7〜8年ぶりです。今はあきらめていたフルマラソンへの再挑戦がもしかしたら可能になるかもしれないという希望さえ出てきてこれを書いています。来年の今頃その報告をしたいと思っています。 

REPLENISH(リプレニッシュ)を飲んだ瞬間に体の疲れが抜けて、体が思う以上に動き、
長い時間の練習もバテることが無くなりました

2008.10.11 学生 陸上中距離 Kさん (13歳・男性)

陸上部に入部してから中距離を選びました。デビュー時の地区大会で10位と言う結果で、後二つで入賞できたのに・・・ と、とても悔しがりました。それから、スポーツ店で服など購入している際にふと目に入ってきたのがMUSASHIのサプリメントです。その時は親に頼んで ENDURANCE PREPARATIONを購入しました。ENDURANCE PREPARATIONを飲んでから一週間たち久々に20km走るという目標に挑戦しましたそしたらMUSASHIのサプリメントの効果にびっくり
それまで走りきれなかった20kmを何事も無かったかのように走りきり、その日は25kmも続けて走りきることが出来ました! 

 MUSASHIのサプリメントはすごい!と実感しCHENも購入してみました。
CHENを飲み続けて1週間で中距離で必要なスプリンターが自分の体についてきてるのが分かってきました。
それまで全力で走った100mが15秒だったのですが、一気にタイムが縮まり13秒の高記録が出て、喜びが込みあがってきました

そ して新人戦も、自分のいる地区と他の地区の2区で行われたのですが、後半のスピードが落ちることが無く、ラストスパートをかけた時、自分でもう分からない というぐらいのスピードを出すことができ、なんと8位で入賞することが出来ました!これもMUSASHIのサプリメントがあってのものです。

今はREPLENISHも飲んでいます。
飲んだ瞬間に体の疲れが抜けていくような感じがして、体が思う以上に動き、長い時間の練習もバテることが無く、友達からも体力ありすぎだよといわれるほど
MUSASHIのサプリメントには本当に感謝しています。

REPLENISH(リプレニッシュ)を飲むことにより、体が軽く鈍い重みが少なくなりました 

2010.01.25 会社員 バレエ・マラソン Mさん (43歳・女性)

関西ではお馴染の「十日戎」1/9〜11の3日間町は「商売繁盛」で盛り上がる。その風物詩として神社では「縁起物」が売られる。その売り子のアルバイトをした時の体験です。
朝の9時から夜中2時までを2日、9時から0時までを1日休憩は食事と少しのオヤツタイムのみで立ったまま大声あげて頑張るので、まさに体力勝負です日頃からマラソンはしているが、また違う体力が必要ですしかし寝る前と睡眠時間3時間後の朝目覚めたとき、休憩時にリプレリッシュを飲んでいたら例年より体が軽く鈍い重みが少なかった。翌日も仕事に出ることができました。体のリフレッシュには、本当に適していると感じまし
さぁシーズンですから次はマラソンに持って走りまーす

ボルダリング時に、リプレニッシュを飲むと、体の持続力が違う

2014.03.04 会社員 ボルダリング Hさん (28歳・男性)

たまたまネットでMUSASHIの存在を知り、ボルダリング用にREPLENISH(リプレニッシュ)とNI(ニー)をお試しで購入してみました。リプレニッシュに関しては、他メーカーの似たような成分の商品と比べると酸味が無くてとても飲みやすく感じました。飲むのと、飲まないのとでは身体の持続力が違うかも?と何となくですが感じた気がしました。ボルダリングの最中に飲むようにしてます。

ニーに関しては、ボルダリングを終えた直後に飲みます。一番気になるのはやはり効果ですが、こちらも飲む飲まないのとでは明らかに翌日の体調の変化が違う気がしました。その時の登り次第で身体の負荷は違いますが、ニーを摂取した翌日の方が身体が快復しているのかだいぶ楽に感じました。

どちらも効果を実感することができたのでリピート決定です
今後はJOINT(ジョイント)、KUAN(クアン)、HUAN(フアン)もさらに取り入れて効果を試したいと思います。

リプレニッシュを飲むと後半の持久力が違う

2008.09.30 高校生 陸上競技長距離 Tさん (16歳・男性)

自分は高校で陸上長距離をしていますが、練習で疲労骨折をしてしまい、3ヵ月間も走れませんでした。ようやく治って走れるようになっても、思うように体が動かず筋力も心肺機能も低下しているようでした。そんな時にREPLENISH(リプレニッシュ)を知り試してみたら、特に後半の持久力に差が出ていて、きつい練習も最後までゆとりを持って走りきれました。他のスポーツドリンクよりも飲みやすいので嬉しいです。これからも使っていきたいです。 

トイレを気にして走ることから解放されました 

2010.11.02 主婦 マラソン Nさん (41歳・女性)

タイムの伸び悩み打破のために、MUSASHI を利用するようになりました。猛暑の夏から秋にかけての走りこみにREPLENISH(リプレニッシュ)が大活躍しました。10km以上走るときは、ボトルにリプレニッシュを入れて持参30km走では、飲みつづけていたにもかかわらず、トイレが走り始めの1回だけだったのには驚きました。さらに、4時間のマラニックでは0回
トイレを気にして走ることから解放されて楽しく集中してトレーニングができています。 

リプレニッシュを飲んだところ、スイムでも身体が軽く、心配していた3000m走も後半バテずに走りきることができ、強化指定標準タイムを突破することができました

2010.04.27 高校生 陸上競技・トライアスロン Kさん (15歳・男性)

高校から陸上部に入り本格的な練習を始めたところ、シンスプリントになってしまいました。中学までは水泳にも取り組んでいたので、トライアスロンの記録会へ参加する予定だったのですが、すねの痛みで満足な練習ができませんでした。記録会の2日前にNI(ニー)とREPLENISH(リプレニッシュ)のことを知り早速飲んだところスイムでも身体が軽く心配していた3000m走も後半バテずに走りきることができ化指定標準タイムを突破することができました

10時間に及ぶ高所登山でREPLENISHを飲み続けても、一度もトイレに行きたくなりませんでした

2011.09.01 会社員 登山 Tさん (40歳・女性)

2年位前からマッターホルン登頂を目指し、国内 でハイキング、クライミング、登山を続けてきました。その間にガイドに進められて愛用したのがREPLENISH(リプレニッシュ)、NI(ニー)、 CHEN(チェン)でした。NIは就寝前と登山終了後に飲みました。特に就寝前に飲んだ翌朝は、気分がすっきりする実感がありました。登山やハイキング中 の飲料は専らREPLENISHです。飲んでもお腹の中でダボつく感じがないのが気に入っています。また雪山でハーネスをつけている場合、女性はトイレに行くのに時間がかかります
しかし、今月登頂した約4,400mのマッターホルンと約4,600mで行動時間10時間に及ぶモンテローザでも、リプレニッシュだけを飲んでいましたが1度もトイレに行きたくなりませんでした。 これは、REPLENISHの吸収のよさを表しているに他ならず、結果的にはスピーディーな行動が要求される高所登山での完登の可能性を高くしたと思いま す。CHENは、登山中にバテそうになった時にパワーをくれ、ぐったりした状態でも、目が覚め体に力が入るようになります。2つの高所登山は、REPLENISH、NI、CHENなしには成功しなかったはずです

リレーマラソンでREPLENISH(リプレニッシュ)の良さを実感できました

2009.03.19 会社員 リレーマラソン Sさん (43歳・男性)

昭和記念公園で開催されたリレーマラソンに 参加しました。この大会は1周2Kmのコースを数名で襷をつなぎ、42.195Kmを走るリレータイプのマラソンです。今回は2年振りの大会参加になりま す。 練習不足と、久し振りの大会なので不安があり、マラソンに効果があると言われたREPLENISH(リプレニッシュ) とNI(ニー)スティックを多く持って行きました。
6人でチームを作り、私は4km、4km、2kmの合計10kmを走る担当になりました。レースでは1人1人の走る距離が短いのでペースが速く、周りの人に合わせて自分のペースも早くなってしまいます。練習では1kmを5分くらいで走っていたのがここでは1kmを4分半のペースで走りました。オーバーペースだったので、最初の4kmを走り終えた後は、疲れて次に走る気力がなくなっていました。とにかくNIとリプレニッシュを飲みました

次に走る番までは他の人が走っているので、1時間くらい待ち時間がありました。待っている間に、気力がどんどん減って行く気がしました。私の走る番になり、前走者から襷を受け取り嫌々走りました。この時はもう一度4km走れるか不安でした。ところが、走り始めてすぐに、調子が良いことに気付き、ペースが上がりました。1kmを4分台前半のタイムです走り終えたら、すぐにNIとリプレニッシュを飲みました

最後の1周も調子良く、この日1番のタイムが出ました。ゴールは皆で手をつないで全員でのゴールです。ゴールしてからもNIとREPLENISHを飲みました。
リプレニッシュの「集中力が途切れない水」というキャッチフレーズは本当でした翌日は多少のダルさはありましたが、筋肉痛は一切ありませんでした
おそるべし、リプレニッシュ+NIのコンビです。

リプレニッシュで脚がつらなくなった上、翌日の疲れがなく質の高いトレーニングができるようになりました

2006.07.14 競輪  H選手 (25歳・男性)

自転車のトレーニング中によく脚をつってしまい、納得のいくトレーニングができませんでした。けれどもリプレニッシュを飲み始めてから、脚がつらなくなり、自分自身納得のいくトレーニングができ、とても満足しています。また、疲労感があまり翌日に残ることなく、翌日もフレッシュな状態で質の高いトレーニングができるようになりました
たくさんのスポーツ飲料がありますが、リプレニッシュは甘味がほどよく、さっぱりしているので飲みやすく、トレーニング以外でも水代わりに飲んでいます
他にもKUAN(クアン)とNI(ニー)を愛飲しています。体重も2キロ以上増加して疲労も残らず、レースの成績も良くなってきました。これからもMUSASHIの製品を愛用していこうと思っています。

2試合目も驚くほど走れるようになりました

2012.03.01 看護師 バスケットボール審判 Tさん (32歳・女性)

趣味でバスケットの審判をしていますが、体力的に自信がなく、ハードなゲームについていけるようにと思い購入しました。NI(ニー)とK'UN(クン)は普段の練習後に必ず飲んでいますが、翌日の疲れが全然違い驚きました
先日、1日2試合審判しましたが、1試合目で結構疲れて2試合目に不安だったのでNIを飲み、ゲームに臨むと自分でも驚くくらい走れました以前であれば失速状態の私でしたが、きっとNIのおかげだと思いました。またREPLENISH(リプレニッシュ)を飲んで走りましたが、さわやかな酸味でゲームに最後まで集中できました
膝のオーバーユースにより1年前からジャンパー膝で悩まされていましたが、JOINT(ジョイント)を1週間前から飲み始めました。ゲーム後は膝の激痛に泣いていましたが、ジョイントを飲むようになってからいつもよりもゲーム後のダメージが少なくなったように思います。今後もMUSASHIを愛用して1年でも長く審判できるように頑張ります。 

リプレニッシュを摂り出してから、疲労を感じることなく練習に取り組むことができ、公式戦でも高い集中力を維持してプレーすることができる

2011.01.11 ビーチバレー 日本ランキング上位選手 Hさん (26歳・男性)

現役時代からMUSASHIの愛用者であるコーチの勧めでMUSASHIのサプリメントを摂り始めました。ビーチバレーは真夏も炎天下の中コートに二人きり、そして常に動き続けるという過酷な状況で。国内、海外の選手問わず足が攣ってしまうというは日常茶飯事です。今回僕はREPLENISH(リプレニッシュ)、NI(ニー)、CHEN(チェン)を摂ってみました。リプレニッシュを摂って最初に感じたのは、例年に比べて疲労感がかなり軽減されたことです。真夏の海は春や秋と違って体力の消耗が3割増し。でもリプレニッシュを摂り出してから疲労を感じることなく練習に取り組むことができ公式戦でも高い集中力を維持してプレーすることができました。 就寝前にはNIを摂ることによって、翌朝の疲労感、体の重み、だるさが軽減され、寝起きがとても良くすっきり起きれるようになりました。試合前には CHEN(チェン)です。初めてCHENを摂って試合に臨んだ時、試合に勝ちましたが、それほど変化は感じませんでした。しかし、次の試合前に摂り忘れた ら前の試合と動きが違うと感じ、その効果を実感しました。今では試合前のCHENは必須になっています。
2010 年シーズン国内ビーチバレーは大会数が倍になり、海外遠征もかなり増えました。試合数だけでいったら前年の3倍の数は戦ってきました。それでもケガをする ことなく、高いレベルの試合、練習、トレーニングをやってこれたのはMUSASHIがあったからだと思います。スポーツをやっているやっていない関係なく、MUSASHIのサプリメントを摂ることによって毎日が充実し、身体の中から活力が湧いてくると思います 

リプレニッシュを試したところ、200kmどころか300kmも楽々走れました

2010.04.27 会社員 ロードバイク Yさん (32歳・男性)

私は昔から運動が好きなので、流行りに乗って1年ほど前にロードバイクを購入しました。はじめは趣味程度で気楽に乗る程度だったのですが、ロードバイクが楽しくなり今では本気で乗っています。
ある休日に200kmぐらいの距離を走っていた時、急に体に疲労を感じ、足が回らなくなってしまいましたその時は少し休憩し再度乗ったのですが、悔しくなってしまい、友人に相談したところMUSASHIのREPLENISH(リプレニッシュ)を飲んでみては?とすすめられました。
試しにさっそく購入し、専用スクイズボトルに溶かして携帯したところ200kmどころか300kmぐらいの距離は問題なく走ってしまいました。これには私自身も驚き愛用しようと思いました
今ではKUAN(クアン)とN(ニー)も一緒に飲み筋力アップと次の日に疲れを残さないようにしています今では走るスピードも距離も前より格段に上がり、ロードバイクに乗ることが楽しくて仕方ありません。こんなに楽しい気持ちにしてくれるMUSASHIに感謝し、これからも飲んでいこうと思います。 

長時間のレッスンが続いても大丈夫です 

2010.09.28 バレエ講師 Uさん (30歳・女性)

友人にNI(ニー)をもらってから、愛用しています。長時間のレッスンが続くと、コンディションを調整するのが大変だったのですが、NIを飲み始めてからは、身体が軽いので手放せません。また、REPLENISH(リプレニッシュ)は集中力とパフォーマンス維持にとても役立っています。 

REPLENISHを使用してから、最後まで走りのパフォーマンスを維持できています

2013.09.27 会社員 マラソン、トレイルランニング Hさん (62歳・男性)

月1回以上のマラソン、トレイルランに出場している走歴3年の62歳のランナーです。特に50キロ以上のレースにおいては走行中の水分、アミノ酸、クエン酸補給は欠かせません。水だけでは口がからからになり他のメーカーの商品は甘かったりして口に合わず困っていましたが、REPLENISH(リプレニッシュ)を使用してからは飲み口が大変爽やかで最後まで走りのパフォーマンスを維持できています

サバイバルエアロビクスの時に、リプレニッシュを試飲して見たら、いつも襲われる筋肉痛が全く発生しなかったことにびっくり

2006.01.31 会社員 エアロビクス Kさん (42歳・女性)

リプレニッシュを愛飲しています
サバイバルエアロビクスの東京会場で、試飲させて頂いてその効果にビックリしました。サバの後は筋肉痛に襲われていたのが、全くといっていいほどなかったのです
大会終了後、すぐに近くのスポーツ用品店に買いに行きました。
また、山形会場でK'UN(クン)を購入してから、毎日飲んでいます。確かに、実感できます爪が伸びるのが早くなりほうれい線がうすーくなってきました。 

リプレニッシュを飲んでいると、お腹が空かないのにバテないので助かっています

2013.03.16 高校生 ソフトテニス Mさん (16歳・女性)

部活でソフトテニスをしています。あまり強くはないですが練習試合などでは1日に6〜7試合します。暑い日などは食欲もなくなりへろへろになります。栄養補助食品などもなかなか食べれなくなります。
去年の夏、試合に勝ち進み、体力的にきつくて、飲み物しか飲めなくて熱中症のような状態になっていたときにテニスを習っていた女性コーチがこれを飲んでごらん魔法の粉だよといってくれたものがニーでした
試合の合間に飲みましたが2.30分したら気分がよくなり試合に勝つことができました!そのあとコーチに魔法の粉のことを聞きに行き教えてもらいました。
それから大事な試合のときや、暑くて辛いときに飲むようにしています。キツイ部活に耐えられたのはニーのおかげです
リプニッシュはスポーツドリンクに慣れていた私には、最初は酸っぱいなと感じましたが慣れてきた今では一番すきです飲んでいるとおなかがすかないのにバテないので助かっています
リプニッシュは部活の仲間にも好評です

登山での行動食はリプレニッシュだけ

2010.11.02 登山ガイド Hさん (48歳・男性)

登山中口にするのは、基本的にREPLENISH(リプレニッシュ)だけです。夏のモンブラン登山のときも8時間30分の間、リプレニッシュだけで行動しましたが、それでも空腹感がなく、最後まで好体調をキープできました

リプレニッシュを飲むと体の新陳代謝がよくなる実感があります。推測ですが、高山病の予防にもつながるかもしれません。

レース中に足がつる苦悩から解放されました

2008.12.02 会社員 市民マラソンランナー Sさん (45歳・男性)

毎年楽しみな名古屋シティマラソン。結果は、目標には届きませんでしたが、今年は足をつることもなく走り切ることができました。このことは、トライアスロンに出会って、いいクロストレーニングが出来たことと、コーチに紹介してもらったMUSASHIの効果も感じられました。練習後にリカバリーのNI(ニー)、レース前にはREPLENISH(リプレニッシュ)で水分補給
今まで、サプリメントの効果がわからずに、あまり飲んだことがなかったのですが、今回は揖斐川マラソンに続き、名古屋シティでも足をつらなかったのは、このサプリメントの効果もあったんだと実感しています。この効果については、ぜひ皆に体験してもらいたいです。なにせ、悩み続けてきた、足を攣るという苦悩から解放されたのですから。自分の使い方を紹介して、同じような悩みを抱えている人の助けになれば、こんなうれしいことはありません。今シーズン中には、ハーフで1時間30分を切れるように、さらに練習をしていこうと思ってます。

レース中に脚がつらなくなりました

2006.11.17 自営業 Fさん (34歳・男性)

去年の11月のマラソンレースから急にレース中に足がつることが多くなり満足な結果が出せずにいました。これはレース前やレース中の水分補給ができてないからだと思い、色々なものを試して見ました。あまり芳しいものがなく先輩にアドバイスを求めたところREPLENISH(リプレニッシュ)を推薦していただき購入しました。LSDのときの疲れ方がまったく変わり水分の吸収感がまったく違うことに驚きました。その後のレースでも足もつることなく自己ベストを更新したりと順調に走れています。他の人にも推薦してあげたいです。 

残り5kmのバテるはずのところで、逆にパワーが増してきました

2011.01.28 会社員 マラソン 会社員 Sさん (48歳・男性)

久々にハーフマラソンに出場しました。いつも通り走れるか緊張の中スタートしました。3日前からENDURANCE PREPARATION(エンデュランス・プレパレーション)を飲み当日はREPLENISH(リプレニッシュ)を持って走りました。やはり大きな違いを感じます。残り5kmあたりで余力が測れ本来ならバテルところで逆にパワーが増してきました。今年も去年と同じレベルのタイムが出せました。体の中にMUSASHIが吸収されるのが早いし、効率が良いことが体感できました。今シーズンは残り2レース頑張りたい

腹持ちがよく5000m泳いでも、お腹が空きません

2011.08.08 自営業 水泳 トライアスロン Hさん (25歳・男性)

私は、あるスポーツクラブにインストラクターとして勤めていました。MUSASHIさんの試飲会でREPLENISH(リプレニッシュ)とNI(ニー)をすすめられました。すすめられるままリプレニッシュを頂いた後、プールでのトレーニングで5000mを泳ぎました
自分は腹もちが良くなく5000mも泳ぐとなると多めに食事を取らないとすぐにお腹が空くのですが、このときはほとんどお腹が空くことはありませんでした。また、後日のハードなトレーニングの後にNI(ニー)を飲んでみると全く翌日の疲労が無くなっていました。トレーニングを続けて、MUSASHIを取るようになって小さい大会ですが優勝することが出来ました。これからは、MUSASHIはトレーニングの必需品として欠かせなくなってきました

トレイルランの大会で試飲し即実感

2008.02.05 会社員 Nさん (29歳・男性)

今までは某社のアミノ酸を使用していたのですが効き目を今一感じられていなかったためアミノ酸の使用を止めていた中、ある大会でMUSASHIさんのブースを発見し駄目元と思いKUAN(クアン)とNI(ニー)を試飲してみた
レース前日にKUANとNI、レース後にNIを各1回づつ頂いたがレース当日は今までとは明かに違う(体が軽く感じる)コンディションで走ることができました
レース後に飲んだNIはすごい走り終わってからの体のだるさ筋肉痛が以前の1/4ぐらいでした
エイドステーションで出ていたREPLENISH(リプレニッシュ)も非常に飲みやすく後半のバテも少なく感じました辛かったレースもMUSASHIの力があったからこそ楽しむことができました。 

かすみがうらマラソンで、5年ぶりに4時間を切ることができました

2010.04.23 会社員 マラソン Oさん (56歳・男性)

かすみがうらマラソンでREPLENISH(リプレニッシュ)とNI(ニー)を試してみました。私の中では、「最終兵器」という位置付けです。
スタート前に、リプレニッシュを200ml飲んで走り始めました
5キロまで 27’46”
10キロまで 26’55”
15キロまで 27’12”
20キロまで 29’31”(NIスティックを1本補給)
25キロまで 27’21”(積極的にスピード落す)
30キロまで 29’04” (太ももにきた)
35キロまで 30’15” (NIスティックをさらに1本補給)
40キロまで 28’18” (脚が動いた)
ゴールまで 12’35”  《結果 3°58”54”》
リプレニッシュ&NI、これは強力な助っ人でした。5年ぶりに4時間をきることができました。最高の気分です

REPLENISHを使ってみたら、試合中のトイレの問題を解決できた上、常に集中力が維持できるようになりました

2008.07.07 スノーボードクロス  Hさん (27歳・男性)

スノーボードクロスの大会は、大会中ほぼスタート地点から離れることができません
毎回スポーツドリンク等を持参していましたが、味が甘すぎてすぐに喉が乾いてしまい、その結果飲みすぎて、トイレに行きたくなっていました
この競技をやっている人ならわかるのですが、勝ち上がれば上がるほど、なかなかトイレに行く暇がありません。何かいい方法はないかと思い、集中力維持ができ、後味がサッパリしているというREPLENISH(リプレニッシュ)を使い始めました。
実際に使ってみて、後味が非常にサッパリしており、飲みすぎることもなく、エネルギー補給ができるので、常に集中した状態でレースに臨むことができました。
結果は、優勝・・・・と言いたいところですが、後一歩のところまで勝ち上がることもできました。全部が全部リプレニッシュのおかげ、とまではいいません が、いいパートナーになっています。今後はリプレニッシュだけでなく、スノーボードクロスに合う、CHEN(チェン)も使ってみたいと考えています。 

レース中の水分補給にリプレニッシュを選んで大正解

2011.09.20 会社員 トライアスロン  Iさん (32歳・男性)

先日、アイアンマン70.3に出場しました。レース中の水分補給は何がいいか考えていました。以前から御社の製品は飲用しておりましたが、トライアスロンでの飲用はしたことがなかったので、リプレニッシュを使ってみました
レースは約6時間で、猛暑の中バイクが3時間以上でした。REPLENISH(リプレニッシュ)を約15分間隔で飲み続け、水分補給を行いました
一般的なスポーツドリンクはどうしても腹にたまって満腹感が出てしまいますが、これは全くそんなことはなく、口飽きすることもなくレース終盤まで補給できました
今回、リプレニッシュを選択し良かったと思います。次のレースにも使いたいと思います。
私は、数年前まで陸上の十種競技をやっていました。(実は日本選手権で優勝したこともあります)その時も飲用したことがあったのですが、今回ほど実感したことはなかったです。
しかし、陸上を引退しトライアスロンへ挑戦し初め、以前のショートディスタンスは他のスポーツドリンクを薄めて飲用したりしておりました。今回のロング挑戦に当たって、今までのドリンクでは不安があって、検討した結果が大正解でした
陸上十種競技も2日間の戦いですが、トライアスロンとの大きな違いは、インターバルがあるかないかだと思います。それにより、今回実感できたと思っています。

吹奏楽部だった私がMUSASHIのおかげでスポーツ好きに

2014.10.09 公務員 トレイルラン マラソン 公務員  Nさん (26歳・男性)

3ヶ月前、股関節が悪い母のある一言がきっかけで本格的に体を鍛えようとその時からHUAN(フアン)、KUAN(クアン)を飲み始めました。
その一言とは「富士山に登ってみたい」
親孝行らしい事をしていない私はその時腹を決めました、両親の荷物全て持って富士山の頂上に行ってやると。
飲み始めて3週間過ぎた頃から運動中の汗の量が多くなってきていることに気がつきました。
初めて10Kmの大会に出た所、目標であった40分を大きく切り37分45秒で走れました。
体重も3ヶ月前と比べ8kg落ち64kgになり、体が軽いです。
最近ではトレイルランニング、フルマラソンも楽しみたいと思い、NI(ニー)、REPLENISH(リプレニッシュ)も飲んでおり、先日フルマラソンをナップサックを背負いリプレニッシュを飲みながら走りましたら3時間台でゴール出来ました
学生時代はずっと吹奏楽部だった私がここまでスポーツが好きにり、何よりも怪我せず頑張れるのはMUSASIのお陰です。効果を実感した私は母に間接に良いJOINT(ジョイント)をプレゼントし、年末には父にもKUANを母にはさらにNIを贈りたいと考えています。
来年は家族で富士山を登り、トレイルランニングも本格的に始めたいと思います、目標はハセツネです! 

トレーニング中やラウンド中のREPLENISHも欠かせません

2011.06.03 大学生 ゴルフ部所属 Hさん (20歳・男性)

起床直後にKUAN(クアン)、トレーニングや試合後にNI(ニー)とKUAN、そして就寝前にNIを飲んでいます。またトレーニング中やラウンド中のREPLENISH(リプレニッシュ)も欠かせません
アスリート化が進むゴルフにおいて、フィジカルの強化、コンディショニングの重要性を日増しに感じています。土台である体作りのためにトレーニングを行いますが、そこに無駄のない成果を体にもたらしてくれるのがKUANですまたゴルフでは合宿や試合などが数日間わたって行われることが通例であり前日の疲れを全く感じず毎日体をフレッシュな状態で臨めるのはNIのおかげです
実際自分が行ってきたトレーニングが体に最大限還元されることは嬉しいことであり、翌日に疲れが残らないことにより練習量は格段に増えました
体調が完璧な状態ではじめて自分が練習で培ってきた技術が試合で発揮されると信じています。最後のホールまで体も心も集中して戦うためにも、MUSASHIを飲み続けようと思います。

REPLENISHは強力な味方で、特に30℃を超える暑さの8時間の耐久レースの前後積極的に摂ると、終始安定した走行が可能となります

2009.12.15 レーシングライダー Yさん (33歳・男性)

全日本ロードレース選手権シリーズの JSB1000クラスに参戦しています。1000ccのバイクでレースをするため、普段のフィジカルトレーニングをしておかないと、思うようにバイクをコ ントロールできず、レースの最後まで体力が持ちません。そんなトレーニングの際にはNI(ニー)とCHEN(チェン)が欠かせません。レースウイーク中 も、ライディング前にCHEN、走行後にNIを摂取し、パフォーマンス維持に務めています。またREPLENISH(リ プレニッシュ)も強力な武器で、特に真夏のイベントである鈴鹿8時間耐久レースは30度を超える暑さの中で1時間のライディングを強いられるので、とても 過酷なのですが、リプレニッシュを走行前後に積極的に摂ることで、安定した走行が可能となっています。また09シーズンはチャンピオン争い をしてる終盤に転倒。小指を骨折してしまったのですが、JOINT(ジョイント)とKUAN(クアン)を摂りながらリハビリしたところ、3週間という短い インターバルながら、ライディング出来る状態にまで回復することができました。最終戦前のテストで再び転倒してしまったことも あり、ランキングは3位で終わってしまいましたが、本来であればレースに出ることさえも出来なかった状態を考えれば、MUSASHIの力は非常に大きなものでした。本当に感謝していますし、今後のレース活動においても欠かせない大事なモノです

とにかく疲れないし、翌日にも残りません

2009.11.13 消防士 Tさん (31歳・男性)

NI(ニー)、JOINT(ジョイント)、 HUAN(フアン)、REPLENISH(リプレニッシュ)を飲んでいます。とにかく運動中は疲れないし、翌日にも残らない。腰の痛みも消え病院通いもなくなりました。どんどん運動時間も増え自己ベストの更新と一年で15キロ痩せました。運動以外に仕事でもNIを飲んでいますが集中力が落ちず、眠気も飛ぶため高額な栄養ドリンクより断然利用価値が高いです。軽くなった体とMUSASHIで毎日楽しく過せています。

エンデュランス+リプレニッシュで自己ベストを10分更新できました

2011.04.22 団体職員 マラソン Wさん (35歳・男性)

通っているスポーツジムのインストラクターの勧めで飲み始めました。
持久力トレーニングのときにはHUANファンとENDURANCE PREPARATION(エンデュランスプレパレーション)を、トレーニング後はNI(ニー)を必ず飲んでいます。
2月にフルマラソンに参加したときには,レース前にENDURANCE PREPARATIONを飲み、レース中のスペシャルドリンクにREPLENISH(リプレニッシュ)を置きました。飲んでも胃にもたれることがなくその効果が30kmを過ぎてから出た結果、自己ベストをおよそ10分更新しました。今後もトレーニングにもレースにも上手に活用できそうです。

REPLENISHは、トレーニングに欠かせないものになっています

2013.09.27 会社員 フィットネス Nさん (38歳・男性)

長らく膝蓋靱帯炎に悩まされ整骨院通いや炎症止めのステロイド注射などを続けておりましたがなかなか改善せず半ば運動をすることをあきらめていました。
そんな中MUSASHIのHPにたまたま訪れ,口コミを拝見してJOINT(ジョイント)をダメもとで試してみたところ2か月後には驚くほど症状が改善しました
以来、膝の心配をすることがなくなり激しい運動も行うことができるようになりました。現在では他の商品も愛用しており現在はJOINTはコンディショニングつくりのため定期的に、KUAN(クアン)とREPLENISH(リプレニッシュ)はトレーニングには欠かせないアイテムになっています

今では、ドリンクは常にリプレニッシュです

2013.09.24 大学生 クロスカントリースキー Tさん (21歳・男性)

昔太っていたせいか少しでも食生活が乱れるとすぐに体型と体重に出てしまい、悩むことが多々ありました。そこで、たまたまインターネットの広告を見つけ、試しに買ってみようと思い購入しました。正直半信半疑で購入したのですが、飲んでからトレーニングをすると、滝のような汗が吹き出して驚きました! 夏場は合宿が続き集中力も切れそうな時がありますが、HUAN(フアン)とNI(ニー)を少し時間を空けて飲んでみると後半まで集中力がもつことも実感できました! また、REPLENISH(リプレニッシュ)は他の飲料と違い合成甘味料などの無駄なものが入っていないので味わいがさっぱりしていて飲んだあとの甘ったるさもなく飲みやすいです今ではドリンクは常にリプレニッシュです
おかげさまで体重管理、体型にも変化があり、今までで一番体にキレが出てきてトレーニングも充実したものとなりました。冬のシーズンまで残り少ないですが、これなら心配なくシーズンインができそうです。これからもMUSASHIは手放せません

仕事の後にトレーニングをしても疲れがたまりません

2008.03.18 会社員 トライアスロン Kさん (35歳・男性)

長年、トライアスロンをしてくる中、いろいろなサプリメントを試してきましたが、どうしても仕事の後のトレーニングなので疲労の抜けが悪かったのです。
しかし、MUSASHIに出会い、NI(ニー)、KUAN(クアン)を使用してみたら驚きました。負荷の高いトレーニングをした次の日も目覚めが良く体も軽さを感じましたそれ以来、MUSASHIは手放せなくなりました今ではトレーニング中はREPLENISH(リプレニッシュ)を、トレーニング後はNI、KUAN。食事後にMINERALS&VITAMINS(ミネラル&ビタミン)を使用しています。

何時もの自宅から大月までの168kmのコースを自転車走っていますが、スポーツドリンクからリプレニッシュに替えたところ、劇的な変化が得られました

2008.03.21 システムエンジニア 自転車 Tさん (34歳・男性)

体のシェイプアップと精神のリフレッシュを兼ねて、週末に自転車の遠乗りを楽しんでいます。東京都世田谷区の自宅から山梨県の大月まで、往復168kmの距離を走っていますが、そのサイクリング時のドリンクとしてスポーツドリンクの替りにREPLENISH(リプレニッシュ)を使ったところ、目覚ましい成果が得られました

■リプレニッシュ使用前(一般的なスポーツドリンクを使用)
<所要時間>
平均7時間。9時間かかることもありました。
<疲労感と筋肉痛>
走り始めて2時間を経過したあたりから疲労を感じはじめ、目標としている1分間に90回転という回転率を維持できなくなっていました。筋肉痛も次第に激しくなる傾向。
<集中力>
特にフクロデハ集中力が低下し、車にぶつからないように幹線道路を下りて裏道を走るため、走行距離も増し往路の3倍以上の時間がかかることもありました。 1時間目1分間に90回転のペースから次第に55〜60のペースまで落ちること 
<排尿>
90分に1回の頻度で、自転車をおりてトイレに行く必要がありました。
<空腹感>
途中、お腹がすいて平均2回程度、コンビニで軽食を摂っていました。
<帰宅後の状態>
ソファーに座り込んでそのまま長時間動けない状態。筋肉痛も激しく、吐き気をもよおすこともありました。

■リプレニッシュ使用時
<所要時間>
5時間弱。従来の記録を大幅に短縮しました
<疲労感と筋肉痛>
筋肉痛はほとんど感じず、1分間に90回転以上のペースで全行程を走破できました。
復路後半では98回転までアップし、上り坂で車を追い越すという、信じられない経験までをしました。(1時間目から5時間目までの平均1分当りの回転数の推移:90,90,88,96,98
<集中力>
全行程を通じて、高い集中力を維持できました。通常、復路は集中力が低下して事故が起こりやすくなり、ときどき休んでいましたが、その必要もなく最後まで「浮いている感覚」で走りを楽しむことができました
<排尿>
大月到着時(スタートから2時間40分後)に1回だけでした
<空腹感>
不思議なことに最後までまったくお腹が空かず、途中、何も食べなくて大丈夫でした
<帰宅後の状態>
疲労感があまりなく、まだエネルギーがたっぷり残っている状態でした。帰宅後に再度リプレニッシュを飲んでから、「ビリーズ・ブートキャンプ」をフルで行い、さらに腕立て伏せを行うことができました

タイムの大幅な短縮、疲労感や筋肉痛の軽減など肉体的な効果もさることながら、最も印象的だったのは、「高いレベルの集中力を維持できる」と いう精神面の効果です。これまでは、集中力が低下して事故の危険性が増し、走行をストップせざるを得ない状況がしばしばありました。一度ストップすると、 さらにモチベーションが低下してますます集中力が落ちる、という悪循環になりがちだったのですが、リプレニッシュを1時間あたり1リットル飲むことで、そ の悪循環を回避することができ、最後まで楽しく走れるようになったのは、まさに劇的な変化です