お客様の声

特殊編

特殊編

「手放せない・欠かせない」編 CHEN

CHENを使ってみると、長時間の後半にばてなくなった上、瞬発トレーニングにも驚くほど体が反応し、練習の質が高まり、試合が楽しくなりました

2005.08.18 陸上中距離 H選手 (24歳・男性)

先輩にすすめられHUAN(フアン)と CHEN(チェン)を半信半疑で使い始めました。
LSDなど長時間(3時間程度)体を動かしても後半のバテがなくなったうえ、練習後のダメージも以前ほど感じなくなりました。それからシーズンに入りインターバルトレーニングなど瞬発的なトレーニングへの移行のときもCHENを使ってみると、驚くほど体が反応してくれてびっくりしました
MUSASHIのサプリメントのおかげで質、量ともに高いレベルで練習がこなせるようになり、自分の体調が安定してきたので試合前の調整もうまくいくようになりました。おかげで試合が楽しくなり、結果も出し続けることができています。今では、なくてはならない存在です

CHENを飲んだ後のミット打ちやサンドバッグには驚くほどのキレが生じ、会長やトレーナーからも驚かれるようになりました。もう手放せません

2013.10.02 会社員 ムエタイ Aさん (30歳・男性)

2013年1月から憧れであった格闘技「ムエタイ」を始めました。もともと学生時代は陸上競技をやっていたので体力には自信がありましたが、格闘技となると究極の無酸素運動!2時間程のトレーニングでもかなりの厳しさを覚えました。
昔の筋力と体力を早く取り戻したいと考えたとき自然とMUSASHIが頭に思い浮かびました。学生の時にも使用していた経験もあり、すぐにMUSASIのホームページから注文をしました。購入させていただいたのはKUAN(クアン)とNI(ニー)とCHEN(チェン)で、効果はすぐに表れました中でもCHENの効果には驚きましたなぜなら、飲んだ後のミット打ちやサンドバッグには驚くほどのキレが生じ、会長やトレーナーからも驚かれるようになりました
トレーニング後すぐにKUANを飲み総合的なパワーアップ、就寝前に疲労回復用にNIと効率よく飲ませていただいています
MUSASIのお陰様で、一か月半で胸囲が2cmアップし、10年前の体型を取り戻しつつあります。このコンビネーションはもう手放せません

粘りが不安なときはCHEN(チェン)で見事に乗り切ることができます

2005.08.15 会社員 Tさん (34歳・男性)

MUSASHIを利用し始めてから半年近くになりますが、今はジムでのトレーニングには欠かすことのできないアイテムになっています粘りが不安なときはCHEN(チェン)で見事に乗り切ることができるし、トレーニング後は素早くKUAN(クアン)とNI(ニー)の組み合わせで体のリカバー&ゲインが集中的に生かされていく感じがします。就寝前の HUAN(フアン)は翌朝の脇腹の違いに驚かされます。同時に様々なサプリメントも摂取していますが、純粋な成分での配合だからこそ体感できるのはMUSASHIの特徴なのでしょう今では家族も利用しはじめて実感を共有しています

フィジカルトレーニングの際にCHENは欠かせません

2009.12.15 レーシングライダー Yさん (33歳・男性)

全日本ロードレース選手権シリーズのJSB1000クラスに参戦しています。1000ccのバイクでレースをするため、普段のフィジカルトレーニングをしておかないと、思うようにバイクをコントロールできず、レースの最後まで体力が持ちません。そんなトレーニングの際にNI(ニー)とCHEN(チェン)が欠かせませんレースウイーク中も、ライディング前にCHEN、走行後にNIを摂取し、パフォーマンス維持に務めています。
ま たREPLENISH(リプレニッシュ)も強力な武器で、特に真夏のイベントである鈴鹿8時間耐久レースは30度を超える暑さの中で1時間のライディング を強いられるので、とても過酷なのですが、リプレニッシュを走行前後に積極的に摂ることで、安定した走行が可能となっています。また09 シーズンはチャンピオン争いをしている終盤に転倒。小指を骨折してしまったのですが、JOINT(ジョイント)とKUAN(クアン)を摂りながらリハビリ したところ、3週間という短いインターバルながら、ライディング出来る状態にまで回復することができました。最終戦前のテストで再び転倒してしまったこと も あり、ランキングは3位で終わってしまいましたが、本来であればレースに出ることさえも出来なかった状態を考えれば、MUSASHIの力は非常に大きなものでした。本当に感謝していますし、今後のレース活動においても欠かせない大事なモノです。

CHENをマラソンレースの30分前に飲むと、練習ができていない時でもなぜか走れてしまいます。
CHENなしでは、大会に挑めません

2011.11.29 会社員 マラソン、中距離種目 Tさん (38歳・男性)

私は市民ランナーですが、市民ランナーの中では 比較的高いレベルで頑張っています。競技は1500mからフルマラソンまで行っています。MUSASHI商品はNI(ニー)、CHEN(チェン)、 REPLENISH(リプレニッシュ)が手放せないアイテムになっており、少々高価ではありますが、すべて、なくなる前に買い足しています。
まずは、CHENこれはレース30分前に飲んで、練習が出来ていないときでもなぜか走れてしまっています。ゲン担ぎを含め、これなしでは大会に挑めません。さらに、大阪マラソンEXPOのMUSASHIブースで、CHENは風邪をひきそうな時に飲めばよいと教えてもらい、もう手放せません
次はリプレニッシュこれは絶対になくてはなりません。びわ湖毎日マラソンでスペシャルドリンクに使用したところ、同じペースで走っているつもりでも、飲んだ後の1kmあたりのラップが明らかに上がってくる!30kmを超えてもそうでした給水がかなり楽しみでした。今までの疲労が抜けていく感覚ですこんなことは初めてでした。それ以来、スペシャルドリンクは当然、年間通じて、大会前の水分補給もこれのみです。
NIに関しては、CHEN、リプレニッシュほど、私は、速攻で体感はできていませんが、飲むと飲まないでは翌日の筋肉の状態や疲労度が違うので常にキープしています。
全種類を日常的に飲み続けてはいませんが、体調や状況に応じて飲んでいます。確かに実感できます。

いろいろなサプリメントを使いましたが、MUSASHIのKUAN(クアン)とCHEN(チェン)は最高で、特にCHENをトレーニング前に飲むと体が熱くなります

2005.08.18 ボディビル O選手 (31歳・男性)

トレーニング歴も長く、いろいろなサプリメントを使いましたが、MUSASHIのKUAN(クアン)とCHEN(チェン)は最高です使用重量の爆発的な伸びが、他に比べものにならないくらい、すごいです。基本種目のベンチ、スクワット、ハーフデットの記録の伸びは過去最高を記録しました。まだまだ伸びそうな勢いです。特にCHENをトレーニング前に飲むと体が熱くなる感じがして、興奮します。このままいくとベンチ150Kgの目標が近々クリアできそうな勢いです。もう、MUSASHIなしのトレーニングは考えられません

CHENをのむようになってから、バテることがほとんどなくなり、トレーニングを楽しんでいます

2013.06.14 会社員 ウエイトトレーニング Kさん (43歳・男性)

ウエイトトレーニングを初めて約3年。以前は筋トレ直後にプロテインを摂っていましたが、ある時期から変化が見られず停滞期が続いていた時にスポーツクラブでMUSASHIの試飲会がありました。そこでいろいろ説明していただきました。何と言ってもMUSASHIはアミノ酸なので安心して摂取できるとわかりKUAN(クアン)を購入1〜2ヶ月後、体に変化が…順調に筋肥大し理想の体に近づいてきましたウエイトトレーニングの後半に少しバテる感じがあったので続いてCHENも購入今ではバテることもほとんどなくトレーニングを楽しんでいます私にとってMUSASHIは救世主と言っても過言ではないくらいです今後もサプリはMUSASHIオンリー!本当にいいサプリに巡り会えて嬉しいです

もうMUSASHIなしには1週間のトレーニングを乗り切れません

2014.04.22 会社員 ウェイトトレーニング Hさん (34歳・男性)

身体を動かすことが好きでジムにてトレーニングを続けています。これまで様々なサプリメントを試してきましたがMUSASHIに落ち着きました。 主な理由の一つにはスプーン約1杯ですむ手軽さと持ち運びの良さです。プロテインなどは、ジムへ持ち運びや、その後の手間を考えると正直面倒くさいもので す。その点MUSASHIは水だけで飲むことができ、シェイカーも必要ありません。また、吸収の早さはプロテインなどを上回りますし、もうMUSASHIなしには1週間のトレーニングを乗り切れません

MUSASHIを飲み続ければ、10代の頃のような体力に戻る気がします

2007.06.19 会社員 サッカー 会社員 Yさん (30歳・男性)

小学生の頃からサッカーをしています。社会人になっても、草サッカーをしていますが、年齢と共に体力低下を感じています。MUSASHIを飲む前は、試合中に足がつり、試合の翌日は筋肉痛と疲労感でいっぱいでした
6年前、仕事の関係でMUSASHIを知り、飲み始めました。試合前にCHEN(チェン)を飲み、試合後にNI(ニー)を飲むようになってから試合中に足がつらなくなり試合後は筋肉痛がなく疲労感が軽減されました。本当にビックリしています。飲み始めてからは、MUSASHIが手放せなくなりMUSASHIがないと不安になります
最 近、もっとビックリしたのが、リプレニッシュです。試合前にリプレニッシュを400cc程度、CHENと一緒に飲んでから試合をしました。試合中は体が軽 く、いつも以上に体が動きました。試合後、600ccのリプレニシュをニーと一緒に飲み、家に帰ってもいつもよりも増して疲労感がなかったです。これからは、試合前後だけでなく、試合中やハーフタイム中にも飲みます。
もし毎日トレーニングができて、MUSASHIを飲み続ければ、10代の頃のような体力に戻る気がします。これからはチームメイトにもMUSASHIを教えて、チームの若返りを目指して頑張ろうと思います。

試合終盤にバテることもなくなり、連投してもパフォーマンスが下がることなく投げれるようになりました          
 

2015.05.15 社会人野球 会社員 Sさん (28歳・男性)

硬式の社会人野球で投手をしています。以前は練習後にプロテインを摂取していましたが、なかなか疲労感や筋肉痛が緩和せず翌日の練習にも影響が出ていました。
ある時、行きつけのスポーツ店の方にNI(ニー)とKUAN(クアン)を勧められ半信半疑で飲んでみると、今までと比べ疲労感や筋肉痛も無く翌日の練習も普段通りできるようになりました。また、プロテインを飲んでいた時と比べて体つきも変わり、もっと早く出会っていればと後悔しています。
試合ではCHEN(チェン)とREPLENISH(リプレニッシュ)を飲んでいます。試合終盤にバテることもなくなり連投してもパフォーマンスが下がることなく投げれるようになりました。試合後にはもちろんNI(ニー)とKUAN(クアン)を飲んでケアしています。
もうMUSASHIは手放すことの出来ない相棒になりました。
 

試合前のCHEN(チェン)は必須になっています

2011.01.11 ビーチバレー 日本ランキング上位選手 Hさん (26歳・男性)

現役時代からMUSASHIの愛用者であるコーチの勧めでMUSASHIのサプリメントを摂り始めました。ビーチバレーは真夏も炎天下の中コートに二人きり、そして常に動き続けるという過酷な状況です。国内、海外の選手問わず足が攣ってしまうというは日常茶飯事です。
今回僕はREPLENISH(リプレニッシュ)、NI(ニー)、CHEN(チェン)を摂ってみました。リプレニッシュを摂って最初に感じたのは、例年に比 べて疲労感がかなり軽減されたことです。真夏の海は春や秋と違って体力の消耗が3割増し。でもリプレニッシュを摂り出してから疲労を感じることなく練習に 取り組むことができ、公式戦でも高い集中力を維持してプレーすることができました。就寝前にはNIを摂ることによって、翌朝の疲労感、体の重み、だるさが 軽減され、寝起きがとても良くすっきり起きれるようになりました。
試合前にはCHEN(チェン)です。初めてCHENを摂って試合に臨んだ時、試合に勝ちましたが、それほど変化は感じませんでした。しかし、次の試合前に摂り忘れたら前の試合と動きが違うと感じの効果を実感しました今では試合前のCHENは必須になっています
2010 年シーズン国内ビーチバレーは大会数が倍になり、海外遠征もかなり増えました。試合数だけでいったら前年の3倍の数は戦ってきました。それでもケガをする ことなく、高いレベルの試合、練習、トレーニングをやってこれたのはMUSASHIがあったからだと思います。スポーツをやっているやっていない関係な く、MUSASHIのサプリメントを摂ることによって毎日が充実し、身体の中なら活力が湧いてくると思います

MUSASHIのおかげで今があるという感じです

2009.04.10 大学生 自転車ロードレース Oさん (20歳・男性)

僕は去年大学に入学した際に、友人の誘いで自転車部(ロードレースが主の)に入部しました。
ロードレースはとても過酷なスポーツで100km近い距離を一日で走ることもあります。山などをコースに使うこともあり上り坂などもコースに多くあります。
その際、体が大きいと重量が増えるので不利になります。僕はもともと身長が高く体重もあったので、練習でも上りのタイムがほかの部員と比べてもとても遅く、 そのためレースのタイムが伸びませんでしたそれで悩んでいると先輩から「もっと体をしぼってみたら?」と提案されました。
今まで減量などしたことがなかったのでどのようにしていいかわかりませんでしたが、「筋トレ増やして、HUAN(フアン)を使えばいいよ」といわれ、練習とは別にHUANを飲み筋トレはメニューを増やしました。
そうしたら、当初、77kgあった体重が冬休み頃には68kgまで落ちていましたHUANは筋力を落とすことなく減量できるので、パフォーマンスを低下させずに体をしぼることができますその結果ぜんぜん伸びなかったタイムが伸びました今は、練習の疲れを取るためNI(ニー)を大会の日にはCHEN(チェン)を飲んでいます
MUSASHIのおかげで今があるという感じです