MUSASHIのアミノ酸の特長

タンパク質食品とMUSASHIのアミノ酸の吸収効率の比較

プロテインなどの食品で飲食したタンパク質は、胃・小腸内における消化という過程を通じて体が吸収できる単独のアミノ酸まで分解された後、その単独アミノ酸が小腸から体内へ吸収されます。この過程には、比較的に大量のエネルギー等の資源および時間がかかります。 タンパク質の消化能力が乏しいほど、胃もたれが発生したり、消化しきれないタンパク質が大腸へ流れることに伴って下ったり、疲れなどの負担が生じることがあります。

一方、MUSASHIの商品を構成するプロテインの基礎単位である単独のアミノ酸は、この消化という分解過程とそれに伴う負担が不要であるため、速やかに、かつ無駄なく吸収されます。
そこで、空腹時に召し上がりますと、体は、すぐにその単独のアミノ酸を代謝に活用できます。